荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン

  • 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。
  • 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。
  • わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。
  • 家人の出す音(うがい、新聞をめくるなど)に神経質になる。
  • 気に入らないと、テープルをドーンとたたいたり、ドアをバターンと閉めるたりする。
  • 母親や妹(弟)対して「ああしろ、こうしろと、命令口調でものを言い出す。

家庭で出来る予防法

暴れ出すキーワードを見つけよう

本人は自分の感情をうまく言葉で言うことができないので、かなり抑えていることが多い。ガマンの糸が切れたとき、突然ワーッと暴れだし手が付けられなくなる。この糸が切れるきっかけとなる言葉(キーワード)がみつかるかどうかが、分かれ目である。「学校、試験」という言葉が禁句である子もいるし、「そんなんやめとき」という指図する言葉のこともある。とにかく怒りが噴き出す前のキーワードを見つけよう。

ガマン強い本人を評価してあげよう

家庭内暴力を起こす子は、根っ子の部分では親思い、兄弟姉妹思いのやさしい子が多い。暴れ出しても「なんでそんなことするの。やめなさい」というよりも「ずいぶんガマンしてきたのね。つらかったでしょう」という言葉のほうが、本人の気持ちは早く落ち着く。

どんな言い分もまず「イエス」で受け止めて

「おい、おかん、100万円くれ」と、理不尽な要求を言ってきても、すぐに否定するのはよくない。「なんてこと言うの。17才にもなって」という正論はかえって火に油を注ぐことになりかねない。「え、100万円?うわー、すごい額やね」と、驚いてみせて。少し間をおいて何を言い出すかを待ちましょう。そして本人が言い出したことはしっかりと、耳を傾けて。子どもは親の自分への関心や愛情を確かめるため、とんでもない要求を出すと言うこともある。

「見守りましょう」の落とし穴

「抵抗してはいけません」「ただただ見守りましょう」「そのうち治ります」といったアドバイスをよく聞く。が、これは「なにもしないのと同じ」で、事態が悪化する危険性をはらんでいる。親が抵抗しないことで、良くなってきたか。見守るうちに本人が荒れる回数はへってきたか。また自分からどんどんなにかをやりだしたか。こうした良いデータがでてくるか、観察が不可欠である。子どもの状態が改善する仕組みをつくる専門的なアドバイスを受けていくことが必要である。

しぐさでわかる心の病気

「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

関連記事

「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【前編】

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。中学でもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。全治数カ月。ここからS太の非行 […]

2014.12.04

【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このとこ […]

過食症(祐子10年)の治療をスタートして、三ヶ月後に好転のきざしが

過食症になってもう10年がたつという。祐子は今28才。18才のときからずーと過食症と闘ってきたことになる。大学を卒業して、大阪の印刷会社に勤務。まじめな仕事ぶりを評価され、同期のなかではいちばん受けがよかった。 ところが […]

シリーズ記事

1.息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をも […]

2.家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)の「五段階」

不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなり […]

3.荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。 わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。 家人の出す […]

4.「え、親だけでの来所で、息子の暴力が治るんですか!」と、驚きの声

息子(高校3年)さんの家庭内暴力で悩むお母さんが来所されました。以前、電話で問い合わせをいただいたときは、「親ごさんの来所でお願いします。ご本人はぬきでおいでください」とお話ししたところ、「え、親だけの来所で息子の暴力が […]

5.まず荒れる子を落ち着かせ、暴力をおさめることが最優先

圭介(中2父親との葛藤から家庭内暴力に)のケースを紹介しよう。 面接室には母親が一人座っていた。「こんにちは、息子さんのことでお困りと聞きましたが」という問いかけに、母親は「はい、そうなんです」と意外に明るい声で答えた。 […]

コラム一覧へ