なんでも過食のせいにして、山を乗りこえられない

「過食がなかったら、こんなこともあんなこともできるのに」

今までの治療経過

真理(高校一年の時に過食症、来所して2年が経過。不登校ぎみで進級が危ぶまれたが、ぎりぎり合格し、 三年に進級できた。過食はその後おさまりフォローの段階に入ったかにみえたが・・・)

過食症再発のファックスが

母親からファックスが入った。真理がまた過食を始めたという。自室で食べ物を買い込んで、バケツを用意し てそこで吐いているという。再発したことを家族にしられたくなかったのか。娘が学校へ行っているあいだ、 そっと部屋に入ってわかった。「なぜ!?学校でいやなことがあったのか。家族に言いたいことがあるのに言 えないのか」。とにかく予約をとって治療面接をお願いしたいという内容だった。

受験勉強の雰囲気が耐えられないと

久しぶりにやってきた真理は、以前より大人びた感じになっていた。うつむきながら話した内容はこうだ。 「二学期になってみんなすごい勉強しだして。私がちょっと話しかけても返事もろくにしてくれないし。今度の 日曜日テニスをする約束してた友だちが断ってきたり。なんかそんな雰囲気がとてもいや」。真理自身は大学に は行かず、専門学校へ入ることが決まっていた。こんななりゆきは当然予測されたことであるのに、それがいや で不登校ぎみになってきだした。

「私、過食があるから、みんなと同じように大学をめざせない。本当は専門学校に行きたくない。受験勉強し ている友だちみてると、うらやましい。過食さえなかったらなーって思う」、真理はこう言った。

過食があるから、課題提出が間に合わない

なにをやってもみんなより遅い。そんな性格も「私は、じっくり取り組むタイプ。だから早めにスタートす る」と、とらえれるようになっていたのに。「夜に過食するから、課題ができない。気持ちばっかりあせって、 集中できないし。過食して吐いたあと、体がしんどくてぼーとしてしまうし。もう私、過食があるから課題の提 出にも間に合わなくて」と、真理は言う。

過食はあってもできることはたくさんある。

過食はあってもできることはたくさんある

過食があるからするべきこともできないし、将来への希望ももてない。何をしてもむだだ。やる気がわいてこ ない。話しを聞いているとこう聞こえる。なんでも「過食」のせいにしていると、ほんとうに山を乗りこえられ ないだろう。人生の進路をどうするといった大きな山を乗りこえるのは難しくても、生活のなかの小さな山なら できることはいっぱいある。すべてを過食のせいにして「乗りこえられない」とさじを投げていると、ほんとう に過食は治らない道筋に入ってしまう。

関連記事

2011.12.19

4.リストカットの切り抜け方がわかって、ひと安心のお母さん(その1)

あゆ美は高校一年生です。勉強も部活も一生懸命頑張って、とても良い成績を出していました。先生方の評判もよくお母さんは安心していました。 ところが一つ気にかかっていることがありました。それは「三ヶ月ほど前から、あゆ美がリスト […]

2013.05.01

特性4:「よく気がつき、細やかな気配りができる」でも境界線が見えなくて、ときどき踏み込みすぎてしまうことも

「もうダメです。仕事つづけられません」 過食症が良くなってみごと社会復帰を果たした舞子さん。就職先は幼稚園の先生。まだ見習いで先輩先生の補助的な仕事をしているとのことです。子どもが好きと言っていただけに、カウンセラーは「 […]

2008.04.30

4.「お母さんが変わってくれたから、リストカット(自傷行為)やめられたんやで」(梨花20)

梨花の場合、リストカット(自傷行為)が止まったのは「母親との関係改善」が決めて 梨花はフリーターで働きだして3年になる。その間、何度もリストカット(自傷行為)を試みている。ひどいときはかなり深く切って、救急車で運ばれたこ […]

シリーズ記事

1.症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

2.必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

3.立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま 中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着 […]

4.過食症が「その場しのぎの対応」で治ると思うのは、おおまちがい。

過食症はちょっとなんとかすれば治る症状ではない。なんとかして、しかも年数かけて必死でなんとかして、やっと解決にこぎつけられるかどうか。それほど治りにくい症状の一つである。過食症の治療に長年携わってきて、残念に思うことがあ […]

2013.09.09

5.ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道

きっかけはこの本でした「過食症と拒食症―危機脱出の処方箋」 十年に及ぶ過食症とひきこもりのMさんのお母さんは、この夏に初めて来所した。大阪とはかなり離れた広島から、新幹線をのりついでやってきた。いままで心療内科の門をたた […]

2013.09.25

6.7年のひきこもり過食が1年のカウンセリング治療で、好転し外に出られた

7年にもおよぶ「ひきこもり過食」が、1年のカウンセリング治療で好転(真理子 過食症歴7年 24才) 過食症は治りにくい症状だ。7年間も「良くなってはまた食べ吐きに戻り」を繰り返していた真理子さんのお話をしよう。 過食症を […]

7.こまやかな娘と、おおざっぱな母親、タイプのちがいがストレスに

豚ヒレ肉をたのんだのにバラ肉を買ってきたお母さん ヒレとバラのちがいがわかりますか?ダイエットをしている人なら、敏感にそのちがいを言えるはずです。ヒレは赤身ばかり、バラは脂身が半分くらい混じっている。今回はこの豚肉の違い […]

8.なんでも過食のせいにして、山を乗りこえられない

「過食がなかったら、こんなこともあんなこともできるのに」 今までの治療経過 真理(高校一年の時に過食症、来所して2年が経過。不登校ぎみで進級が危ぶまれたが、ぎりぎり合格し、 三年に進級できた。過食はその後おさまりフォロー […]

9.やっと外に出られるようになると、必ずやってくるショック

「私ってすぐに引っ込んでしまうんです。『うたれ弱い』っていうか。」 真理子さんは面接の途中でこう言って下をむいてしまった。過食歴はもう7年になる。何度もよくなりかけては ダウンし、「今度こそほんものだ」と確信していただけ […]

コラム一覧へ