立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま

中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着る物も我慢し、友だちとの約束もすっぽかし、ただひたすら食べ物を求めてコンビニやスーパーを買いあさってきた。

「私、もうだめです。立ち直れません。だって食べる衝動にはどうしても勝てないんですもの」。弘子はあきらめていた。自分が食べる誘惑をしりぞけられる日がくるとはとても思えなかったから。母親に引きずられるようにしてやってきた弘子は、セラピストにこう話した。あちこちの病院や相談機関をまわってはや六年がたっており、専門家不信の気持ちが根強かった。

「過食症と戦っても勝ちはないですよ。過食はとまりません。止めようとするのでなく、生活のなかにう まく落ち着かせることを考えていきましょう」と、セラピストはこう話した。過食に費やす時間や費用を母親も入って決めていった。後始末についても「やりっぱなし」「母親まかせ」を叱り、後になってもいいから自分で片づけるを目標にした。「過食にもリズムをつけましょう。生活のなかの一つのできごとって感覚で」。 「行動の崩れが悪化のバロメーターです。だから授業に遅刻したり、友だちとの約束をすっぽかしたりしだしたら要注意です。すぐにこちらに連絡をください」と、母親にも約束をした。

治療をスタートして10ヶ月がたった。「将来、自分のなりたいもの探し」の時間も設けた。過食症もなくなりはしないが、一日一回、夜9時から12時まで。それ以外はいっさい食べないといコントロールもできていた。「長かったけど、こんどこそ本当に立ち直れそうです」と、弘子も母親もうれしそうに話した。大学入試も「あくまでも『試し受験』の気持ちで」という条件付きで受けた。発表の日、弘子は「合格」の二文字を手にすることができ、母親と抱き合って喜んでいた。

ところがその後しだいに弘子は気分が落ち込んでいった。なんにもやる気がわかず、朝起きるのもしんどい。 4月からはじまる通学を考えるとしんどくなるというのだ。せっかく受かった大学なのに、はや登校できるかという問題がでてきた。やっきとなって「体力をつけないと。もっと食べて」と、母親がせきたてる。それをしてはいけないという約束で続けてきた面接だったのに、母親もあせっているのだ。「太らなければいけないってわかってるんですけど、じっさいに体重が増えているのに気づくと落ち込んでしまいます」と、弘子は話す。

過食症の人が頑張って立ち直りのきっかけをつかみかけたとき、うつの波が押し寄せてくるということはよくあることだ。この波をどう乗り切って次のステップにつなげるかが、次の面接の課題でもある。

関連記事

初歩的なミスが重なって、自信喪失からうつに(三ヶ月で職場へ復帰)─新入社員にむけて

就職したばかりの新入社員の人たちに抑うつ症状が増えています。「こんな事くらいで、なんで抑うつになるのかな」と思うくらい、小さなミスがほとんどです。今年大学をでたばかりで、銀行に入った大下美保のケースを追ってみましょう。 […]

2014.01.21

【不登校】小学生の家庭内暴力

小学生の家庭内暴力は中学生以上の子の暴力に比べると、暴れる程度はまだマシな子が多いでしょう。もちろん、中には親を叩いて青あざができたり、壁を蹴って穴をあけたり、リモコンを投げつけて壊したりと、被害が大きいこともあるようで […]

2012.09.20

ひきこもりの相談で 2

今の世の中、「ひきこもり」でHPを検索すると大量の情報がヒットします。その中からどこに相談してみようかと悩み考えられると思います。我々は「よし、ここにしよう!」と判断の決め手になるような記事を書こうと日々努力しています。 […]

シリーズ記事

1.症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

2.必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

3.立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま 中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着 […]

4.過食症が「その場しのぎの対応」で治ると思うのは、おおまちがい。

過食症はちょっとなんとかすれば治る症状ではない。なんとかして、しかも年数かけて必死でなんとかして、やっと解決にこぎつけられるかどうか。それほど治りにくい症状の一つである。過食症の治療に長年携わってきて、残念に思うことがあ […]

2013.09.09

5.ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道

きっかけはこの本でした「過食症と拒食症―危機脱出の処方箋」 十年に及ぶ過食症とひきこもりのMさんのお母さんは、この夏に初めて来所した。大阪とはかなり離れた広島から、新幹線をのりついでやってきた。いままで心療内科の門をたた […]

2013.09.25

6.7年のひきこもり過食が1年のカウンセリング治療で、好転し外に出られた

7年にもおよぶ「ひきこもり過食」が、1年のカウンセリング治療で好転(真理子 過食症歴7年 24才) 過食症は治りにくい症状だ。7年間も「良くなってはまた食べ吐きに戻り」を繰り返していた真理子さんのお話をしよう。 過食症を […]

7.こまやかな娘と、おおざっぱな母親、タイプのちがいがストレスに

豚ヒレ肉をたのんだのにバラ肉を買ってきたお母さん ヒレとバラのちがいがわかりますか?ダイエットをしている人なら、敏感にそのちがいを言えるはずです。ヒレは赤身ばかり、バラは脂身が半分くらい混じっている。今回はこの豚肉の違い […]

8.なんでも過食のせいにして、山を乗りこえられない

「過食がなかったら、こんなこともあんなこともできるのに」 今までの治療経過 真理(高校一年の時に過食症、来所して2年が経過。不登校ぎみで進級が危ぶまれたが、ぎりぎり合格し、 三年に進級できた。過食はその後おさまりフォロー […]

9.やっと外に出られるようになると、必ずやってくるショック

「私ってすぐに引っ込んでしまうんです。『うたれ弱い』っていうか。」 真理子さんは面接の途中でこう言って下をむいてしまった。過食歴はもう7年になる。何度もよくなりかけては ダウンし、「今度こそほんものだ」と確信していただけ […]

コラム一覧へ