症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている

こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられる。両親が自分たちの問題をお互いに向き合って話し 合えない夫婦に多い。子どもに夫(妻)の悪口をこぼしたり、子どもを介して自分の意志を伝えようとする関係 である。子どもは自然の流れのなかで取り込まれるので、負担に感じないまま毎日をすごす。それどころか家族 思いの子どもであればあるほど、両親の問題に一役自分が担っていること、またそれで家族内の平和がたもてて いることに自分の存在意義を見いだしたりする。しかしこれがだんだん親子の関係にしんどさをもたらしてい く。過食症の家族をみていて、こうした親子関係が長年にわたってつづいていることに気がつくことがある。 次に紹介する加世子さんの一家もそうである。

過食歴五年の小学校教師の加世子さん。

症例:加世子28才小学校の教師過食歴5年来所して半年が経過

過食症になってもう5年になる。どこへいっても治らなかった。入院もしたけど、退院すると一月ほどすると またもとどおりに食べてしまう。そんな加世子さん一家を治療し始めて半年になる。どこに解決の糸口があるのか。試行錯誤の面接を重ねるなか、加世子さんの話しに耳を傾けているうちに「おやっ」と思うことがあった。 それは両親についてのことだった。

加世:お母さんと話ししてると、なんかけんかで終わってしまう。もう話ししたくないって思う。

セラピスト:過食のことであれこれいわれるから?

加世:それもあるけど。お父さんのことをね、いいだすんよね。まあ悪口というか不平というか。 はじめは「ふんふん」って聞いてるんだけど、だんだん腹が立ってきて。お父さんは私にとっては血のつながった大事な人なのに。その人のことを悪くいわれるっていい感じしないでしょ。

セラピスト:それはそうね。

加世:もう結婚して35年になるんだけど、その間の不満がたまりたまってるんだろうけど。私が聞き役をしてあげないと、お母さんももたないだろうし。

セラピスト:二人で話し合うってことはされないの。二人の問題は二人で解決っていいうのがいいんだけど。

加世:できない、できない。あの二人は。ずっとまえから私になんか言って、それから私がそれとなく顔色みて伝えるって形できてるから。あの二人は話し出すとけんかになるから。

セラピスト:その形はあなたがしんどくないかな。

加世:しんどいです。もうやめてくれって言いたい。けど私がいないとなー。

こんな話しがでてきて「これは典型的な親子の三角関係だな」と思った。家族が気がつかないだけに、このま までいくと加世子の過食症という症状は持続する恐れがある。難しいのは、改善のポイントがみえたからと いって、一気には変えていけないことだ。長年にわたって構築された関係だけに、少しづつ変えていける部分を みつけていくことがこれからの治療のポイントになるだろう。

関連記事

不登校は『早期発見、早期対策』が一番

不登校は「早期発見、早期対策」が一番 高校生の不登校対策として『早期発見、早期対応』がいかに大切かということを、親ごさんたちにご理解いただきたく思います。そこで次のような文をまとめてみました。 親ごさんだけのカウンセリン […]

2014.06.04

高校生の留年の危機

不登校のご相談の電話が増えてきました。この時期「出席日数が足りなくて後二回休んだら留年が決定してしまいます」という切羽詰まった状況で電話をしてこられる親御さんが増えてくるのです。 もちろん親御さんはこの状況になるまであの […]

過食症と拒食症

「過食症と拒食症」を出版しました 当センターで「不登校」とトップを争うほど相談の多い症状です。摂食障害(過食症・拒食症)から不登校に陥るケースも珍しくありません。養護教諭の先生の出番も多く、担任の先生よりも早く症状に気づ […]

シリーズ記事

1.症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

2.必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

3.立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま 中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着 […]

4.過食症が「その場しのぎの対応」で治ると思うのは、おおまちがい。

過食症はちょっとなんとかすれば治る症状ではない。なんとかして、しかも年数かけて必死でなんとかして、やっと解決にこぎつけられるかどうか。それほど治りにくい症状の一つである。過食症の治療に長年携わってきて、残念に思うことがあ […]

2013.09.09

5.ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道

きっかけはこの本でした「過食症と拒食症―危機脱出の処方箋」 十年に及ぶ過食症とひきこもりのMさんのお母さんは、この夏に初めて来所した。大阪とはかなり離れた広島から、新幹線をのりついでやってきた。いままで心療内科の門をたた […]

2013.09.25

6.7年のひきこもり過食が1年のカウンセリング治療で、好転し外に出られた

7年にもおよぶ「ひきこもり過食」が、1年のカウンセリング治療で好転(真理子 過食症歴7年 24才) 過食症は治りにくい症状だ。7年間も「良くなってはまた食べ吐きに戻り」を繰り返していた真理子さんのお話をしよう。 過食症を […]

7.こまやかな娘と、おおざっぱな母親、タイプのちがいがストレスに

豚ヒレ肉をたのんだのにバラ肉を買ってきたお母さん ヒレとバラのちがいがわかりますか?ダイエットをしている人なら、敏感にそのちがいを言えるはずです。ヒレは赤身ばかり、バラは脂身が半分くらい混じっている。今回はこの豚肉の違い […]

8.なんでも過食のせいにして、山を乗りこえられない

「過食がなかったら、こんなこともあんなこともできるのに」 今までの治療経過 真理(高校一年の時に過食症、来所して2年が経過。不登校ぎみで進級が危ぶまれたが、ぎりぎり合格し、 三年に進級できた。過食はその後おさまりフォロー […]

9.やっと外に出られるようになると、必ずやってくるショック

「私ってすぐに引っ込んでしまうんです。『うたれ弱い』っていうか。」 真理子さんは面接の途中でこう言って下をむいてしまった。過食歴はもう7年になる。何度もよくなりかけては ダウンし、「今度こそほんものだ」と確信していただけ […]

コラム一覧へ