3.娘のリストカットをガンガン責め立てても問いつめても効果は少ないですよ

紗弓(中1)は、小学6年生からリストカットをしていました。学校で使うカッターナイフを使って肩のあたりから肱のところまで、赤い筋をいっぱい入れていました。お母さんに見つからないよう夏でも長袖を着たり、リストバンドをしたりして隠していました。見つかったのは紗弓が中1の時ですから、こんな状態がほぼ一年間続いていたことになります。

「米国のリストカット本の紹介」コーナーでお知らせした「Myth(思い込み)」1:まわりの注意を引くために切る」の反論で述べられている内容と合致するケースです。多くのリストカットをする子どもは、親に気づかれないよう隠しています。

紗弓のリストカットを見つけた母親はパニックに

お風呂に入ろうと服を脱ぎかけていた紗弓と、洗濯物を取りに脱衣場に入っていったお母さんが出くわした時のこと。娘の肩から肱にかけて無数の赤い筋がついているではないですか!びっくりしたお母さんは頭が真っ白になってしまいました。

母親:紗弓、これはなに?血がにじんでるじゃない?

紗弓:あっお母さん、もう、ほっといてよ。なんでもないんだから

母親:なんでもないってことないでしょ。ひょっとしてあんた、リストカットしてるんじゃないでしょうね!?

パニック状態になったお母さんは、紗弓をガンガンと責め立ててきます。

母親:なにかいやなことがあって切ってるの?

母親:毎日切ってるの?

母親:血がでてるじゃない、深く切ってるんじゃない?

母親:切った後、傷の手当はしてるの?

母親:なんで切ってるの、カッターナイフ?

お母さんは頭の中が真っ白になっていました。ガンガンと矢継ぎ早の質問をしながらも、自分が何を言ってるのかもわからないくらいでした。

思わず感情的になってしまうのは母親として無理もないこと

娘の腕に無数の赤い傷跡を見つけて驚かないお母さんはいないでしょう。思わず感情的になって質問攻めということは、親の自然な心の動きです。紗弓のお母さんもそうでした。「一年も前から切っていて、それで母親の私に隠していたなんて」ということもショックでした。

「なんの不満があってこんなことをするのかしら?」という疑問の声や、「リストカットは知っていたけど、まさか我が子が…」といった驚きの声もよく聞かれます。

娘を叱ったり問いつめたりしても、事態の解決にはつながらないことが多いのです。心配のあまりオロオロする母親の姿をみて、娘は「ごめんなさい」と言ってあやまり「もうしません」と言って約束をすることもあるでしょう。その場ではお母さんを心配させて悪かったと思っても、それでリストカットをやめられるかというとそうはいかないことがよくあります。

冷静になってから、娘さんの様子を観察して

感情的になってしまうのは無理もないことですが、そのあと冷静になったら娘さんの様子をしっかりと観察しましょう。リストカットがばれてしまったことで、よけいお母さんを避けるようになっていないか。また心の垣根が低くなって、お母さんに話しかけやすくなっていないか。

心配なのは前者の親を避けるようになったり、警戒したりする素振りがみられるような時です。紗弓さんの場合はお母さんにわかってしまったことでよけいガードを固くしてしまいました。お母さんは心配のあまりなぜこんなことをしたのかムリに聞き出そうとしたり、ナイフを取りあげたりしました。紗弓さんが心を閉ざしてしまう前に事態がよけい悪くならないように、次のようなアドバイスをだしました。

叱る問いつめるよりも、やさしい言葉がけを

傷の手当ての方法を話題にだすのもよいでしょう。「切った後、バイキンが入らないよう消毒しましょうね。消毒液はあの薬箱に入っているよ」と、さりげなく言っておくとか。「深く切ってしまって血がすごく出るようなら、お母さんを呼んでね」と、万が一の場合を考えて声をかけておくのも大切です。

またリストカットのことばかりにこだわるのではなく、紗弓さんの全体を見直してみましょう。「このごろずいぶん朝起きが早くなったね。玄関掃除してくれたりして。ありがとう」とか「お弁当箱、言わなくてもだしてくれるようになって、うれしいよ」とか、小さな良い変化を見逃さず伝えてみてください。

お母さんはカウンセラーのアドバイスを聞いて「はい、わかりました。えらい取り乱してすみません。先生のお話しを聞いて安心しました。また頑張りますので、よろしくお願いします」と、ホッとした表情で帰っていきました。

リストカットがわかってしまったことがきっかけになって、母親の娘を理解しようとする目が磨かれ、親子の会話が少しずつ増えてくるのなら「雨ふって地固まる」ですね。このやりとりを大事にして親子のコミュニケーションを育てていきましょう。それが問題の解決を大きく進めることになります。

関連記事

3.親の主張よりも、もっと子どもの声に耳を傾けて(ひきこもり4年、23才男)

健治がひきこもりだしたのは、大学二年生のころからだ。あれから4年がたってしまった。母親はいろんな病院や相談機関へ出向いたが、状態は変わらなかった。友人の紹介で当センターへ来所。カウンセリングを通して母親の話しをきくうちに […]

子育て関連編:言うことをきかない

幼稚園の送り迎えのおりに、ゆうことを聞かないという話が母親から出されました。車道側の端っこを歩くので「危ないからもっとこっちに寄りなさい」と言っても、にたにた笑っているだけでちっともゆうことを聞かないそうです。さらに話を […]

「ホッとするもの、どんどん増えてきた」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

食べ物や体重の話はかわしながら、カウンセリングをすすめる 過食症の治療がスタートして10ヶ月がたった。セラピーでは意識して食べ物とか体重についての話はなるべく避けていた。過食にまつわるいろんな質問や嘆きや怒りの声が出され […]

シリーズ記事

2011.10.25

1.1.リストカットの子をもつ親が自ら気づく大切さ

■ 母親の質問 もうこれで娘のリストカットのカウンセリングも5回目です。おかげさまで最近夜明けごろに突然切ったとかでびっくりするようなことはなくなりました。外から帰ったら「お母さん、あのねこんなことがあったんよ」と、以前 […]

2011.11.23

2.3.娘のリストカットをガンガン責め立てても問いつめても効果は少ないですよ

紗弓(中1)は、小学6年生からリストカットをしていました。学校で使うカッターナイフを使って肩のあたりから肱のところまで、赤い筋をいっぱい入れていました。お母さんに見つからないよう夏でも長袖を着たり、リストバンドをしたりし […]

2011.12.02

3.2.母親の対応で、幸香のリストカットを回避できた!その秘訣はどこに?

高校一年、幸香のリストカットのケースです。文化祭の出し物をめぐって対立する生徒たち。幸香は一生懸命取り組んだ課題をリーダーにけなされ、言い争った末リストカットをしました。 文化祭の衣装デザインをけなされてリストカットを […]

2011.12.19

4.4.リストカットの切り抜け方がわかって、ひと安心のお母さん(その1)

あゆ美は高校一年生です。勉強も部活も一生懸命頑張って、とても良い成績を出していました。先生方の評判もよくお母さんは安心していました。 ところが一つ気にかかっていることがありました。それは「三ヶ月ほど前から、あゆ美がリスト […]

2012.01.13

5.5.リストカットの切り抜け方が分かって、ひと安心のお母さん(その2)

リストカットの切り抜け方がわかって、ひと安心のお母さん(その1)からのつづき お母さんはドクターからもらったアドバイスをやってみました。あゆ美が「もうしんどい」と言って「ワーッ」と泣き出してくれることを期待していたお母さ […]

コラム一覧へ