中学生高校生のリストカット(自傷行為)治療 救いと問題点

リストカット(自傷行為)の相談が増えてきました。中学生高校生の親御さんからの相談が多いのですが、成人の方の場合は本人自身からの相談もあります。

リストカット(自傷行為)の治療の問題点は、本人さんはリストカット(自傷行為)を『自分の救い』だと考えておられる場合が多い事です。「自分はリストカット(自傷行為)を止めるつもりはない」という本人さんの考えを、すぐに変える事はできないでしょう。しかし本人さんや親御さんとのカウンセリングを通じて、リストカット(自傷行為)をする必要のない状況に変えていく事は、しばしばできるのです。淀屋橋心理療法センターの治療は、それを狙っていきます。

関連記事

子育て関連編:片づけをしない

「片づけなさい。晩ごはんやで」ゆうのに、もうぜんせんかたづけへんのです。疲れはてた表情でお母さんが話されました。「くまさん、ねむたくないって。かたづけるのいやや」とか。子どもが気ままばっかり言うから私もかちんときてね、「 […]

2012.09.20

【不登校】小学一年生の不登校の子が語る。行きたくないのは「先生が怖いから」

いきなり強烈な見出しですが、ポイントは「小学一年生の子が語る」なのです。当センターでは30年近く不登校の解決のお手伝いをしてまいりました。その中で「先生が怖い」が小学一年生に限り、不登校の理由のダントツ一位なのです。 た […]

2013.07.09

【非行・不登校】親の対応で夏休みの非行悪化を防止

「不登校」や「非行」の子をもつ親にとって「夏休み」とは・・・ ご両親の悩み事が「子どもの不登校」だけの場合、「夏休み」の一ヶ月間は「ちょっと一息つける時期」ですね。淀屋橋心理療法センターでも不登校のカウンセリングのご相談 […]

シリーズ記事

2014.10.07

1.中学生高校生のリストカット(自傷行為)治療 救いと問題点

リストカット(自傷行為)の相談が増えてきました。中学生高校生の親御さんからの相談が多いのですが、成人の方の場合は本人自身からの相談もあります。 リストカット(自傷行為)の治療の問題点は、本人さんはリストカット(自傷行為) […]

コラム一覧へ