質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さんの不安や疑問。

母親の不安 : 「過食症の娘が『食事は自分の部屋で、一人で食べたい』と言いいだして。 でもこれを認めると、娘のわがままがエスカレートしないかしら。 それに過食の量も増えないか、心配です。」

幸美、15才、過食症になって一年。

幸美(本人15才、過食症になって一年)

「夕食は家族そろって。でも落ち着きがなくて」

次女(幸美)の過食症のカウンセリング相談(セラピー)でのことです。お母さんがこう話されました。「幸美は、夕飯のあとたいてい自分の部屋で過食します。家族そろって食事はとるんですけど、いつもそわそわして落ち着きがないんです。姉と同じくらい一人前盛りつけてますので、それはきちんと食べます。けど毎回の夕食がなんかきまずい雰囲気になって、ハラハラしどおしです。どうしたらいいでしょうか」。

幸美はそわそわと心ここにあらずの様子で食事をするので、いつも父親とトラブルをおこすそうです。

父親:幸美、こんどの父親参観って、いつやった?お父さん、仕事の都合つけんとな。

幸美:えー、父親・・・こなくっていいよ。(めんどくさそう)

父親:そういうわけにはいかんやろう。学校から連絡メモがきてたやないか。

幸美:うん、メモね。あー、なんかきてたね。私、しらんよ。(食べるのに気を取られているようす)

父親:なんや、その言い方は。お父さんが聞いてるのに、ええかげんな答えばっかりやないか。

こんな調子で父親は幸美にたいしていまにも爆発しそうです。二人のあいだで母親は、ハラハラしながら毎回なだめ役をやらされています。楽しい家族団らんのはずの夕食時間が、いつもギスギスしたけんかごしの会話で終わっています。「なんとかならへんでしょうか。もう私、疲れてしまいました」と、母親は疲労感が高まってきた様子です。

ついゆだんから過食症を責める言葉を言ってしまって

そんなおり、幸美のほうから「みんなと一緒の食事はもういや。自分の部屋で一人で食事したい」と、言い出しました。「えー、そんな。あんたなんでそんなわがままなこと言い出すん。過食だけでも辛抱して大目にみてあげてんのに。せめて夕飯くらいみんなと一緒にできひんの?」。といったとたん幸美の顔はきゅうにきつくなり、母親を攻撃してきました。「お母さん、なによ、その言い方。『辛抱して過食を大目にみてあげてる』って、どういうこと。それがお母さんの本心なんやね。いつも『過食はしてもかまへんよ。そやけどあと片づけだけは、ちゃんとやろうな』ってゆうてるやん。やさしい声で。あれはウソか。ねこなで声でうそついてきたんか」と。

それから幸美の母親への態度がきつくなりました。過食をしてもあと片づけもしなくなってしまいました。「先生、もうあきません。私、これ以上がんばれません。なんとかしてください」と、とうとう母親のお手上げ宣言がでてきました。

セラピストのアドバイスをえて、父親に理解と協力を求める

母親:あんな、幸美が自分の部屋で一人で食事したい、ゆうてるんやけどな。きょう先生に相談してきたんや。そしたら『幸美がそうしたいゆうてはるんやったら、受け入れてあげてもいいんではないですか』、おっしゃって。

父親:そうか、先生がそう言われるんやったら、ええんやけど。幸美のわがままをなんでも許す、ゆうことにならへんかな。その点が心配なんやけど。

母親:それをな、ただ受け入れるだけにせず、『親子で話し合ってみてください。幸美さんの気持ちもお父さんのご意見もおたがいにだしあって。家族でいちばんいい方法を探し出すというのも大事なことです』ゆわはって。

父親:そうか。それもそうやな。幸美はそんな話し合いに応じるゆうてるんか。それが問題やで。いつもオレのこと避けてるやないか。

母親:そのこともカウンセリングでお話したんです。そしたら『もし難しいようだったら、ここへ来て下さい。ここでご家族三人、話し合っていただきましょう』、いわはって。

父親:そうか、それやったらなんとかなるかもな。よし、わかった。カウンセリングに行けるよう開けられる日にち、ちょっとみてみるな。

こうして幸美の過食症に父親の理解と協力を得られるきっかけができました。つぎのカウンセリングには父親も参加し、幸美の「自分の部屋で一人で食事をしたい」というテーマについて、三人でじっくりと話し合うことができました。どんなことでも「わがまま」とか「過食が増えるからダメ」ときめつけてしまわず、親子で話し合うきっかけにすれば、その後の風通しもよくなるでしょう。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2 摂食障害(過食症)の子を持つ親御さんの不安・疑問

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ「お母さん」のコーナーができました。

  • 「娘が摂食障害(過食症・拒食症)みたいだけど、どこへ相談したらいいのかしら」と不安いっぱいのお母さん。
  • 「どうすれば娘は過食症・拒食症から治るのかしら」と心配でたまらないお母さん。
  • 「なんとしても治してやりたい」と必死の思いのお母さん。

こうした悩みや不安を抱えたお母さんのためのコーナーができました。毎日のカウンセリング(セラピー)治療のなかで、よく出される質問や不安などを選んで、カウンセラー(セラピスト)のアドバイスをもとにまとめています。また治療のなかでみられた印象ぶかい言葉や様子なども合わせて書いていきます。

(登場される方々のお名前は変えてあります。またケース内容は特定されないよう十分配慮をしています)

福田俊一 所長 精神科医、増井昌美 過食症専門セラピスト

  1. 質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」
  2. 質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する
  3. 質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる
  4. 質問4:父親をきらう、悪く言う
  5. 質問5:「よけいなことせんといて」
  6. 質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)
  7. 質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」