【不登校】ニキビが気になるから行けない・・実は

不登校の子の中でも中学生・高校生といえばまさに思春期ど真ん中。そんな子たちの中に、「外出する時はマスクを欠かせない子」が時々おられます。

いくら母親が「暑いでしょー、マスクとったら?」と言っても、「いや!ニキビがあるから!」と、外出時は暑い時でもどんな所に行くにもマスクをつけたまま。母親からみたら気にするほどのニキビでもないのに・・。また、ニキビを理由に学校に行けないと言われてしまうと放ってはおけないのは親としては当然のこと。ニキビの治療に皮膚科に行く子もいれば、病院に行くのを嫌がり市販薬で治したがる子もいます。いずれにしても、親からすれば子どものニキビは、気にするほどではないぐらいごくごく小さなものなのです。

理由はともあれ、不登校は不登校。不登校が長引いてきて、ようやくカウンセリングに相談に来られる親御さんが多いのです。淀屋橋心理療法センター不登校専門外来では、マスクを手放せない子をはじめ、パーカーを目深(まぶか)にかぶる子、親からみたらうっとうしいぐらいに前髪をのばしている子など、「」や「見た目」のことを気にする子の相談が多数よせられています。

マスクのメリットはなんといっても、顔の半分が隠れること。思春期の不登校の子は単純にニキビだけを気にしているというよりは、「自分の顔を見られなくない」という心理が強く働く子が多いようです。たいていは、対人関係で何らかのトラブルがあったり、友だち関係で浮いてしまっていたり、中には「自分自身に自信がもてない」という子など様々です。そんな場合は、いくら「ニキビ」「マスク」という話を親子でしたところでラチがあかないというのが現実です。いわゆる「対人恐怖症・視線恐怖症・対人緊張症」という問題が根本にある場合が多いのです。

不登校のカウンセリングは、子どもさんの対人関係をはじめ、どんな話題をどのように発展させていけばマスクの必要性がなくなっていくのか、どんな話題が出てくれば再登校が見えてくるのか、子どもさんの抱えている悩みや問題点について、具体的で効果的な話ができるようにと導き根本的な解決をめざすカウンセリングです。

関連記事

4.「息子と野菜づくりを」と、父親が提案

息子の話を聞くがわにまわるしんどさ 「しっかりと洋次君の話す言葉に耳をかたむけてあげてください。聞くだけでいいですよ」というカウンセラーのアドバイスは、正直のところ父親にとってはしんどいことだった。今まで自分の意見が家族 […]

2012.10.22

2.「親のお金をぬすむなんて、とても理解できないわ」と、お母さんのショック

過食症の子どもについては、「親のお金を盗む」という理解できない行動にでることがあります。しかしこれも食べたくてたまらない衝動がなせる技であることが多いのです。頭ごなしに叱らずに、理解の気持ちをもって、話し合えるといいです […]

2014.10.04

家庭内暴力の相談で 子どもさんに合ったアドバイス

子どもから親への家庭内暴力の相談が増えて来ました。中学生、高校生、の子どもさんが多いですが中には小学生もあります。 家庭内暴力(中学2年男子)でお悩みの親御さんの相談です。 「子どもの好きなUSJに誘ってみようかと思いま […]

シリーズ記事

2014.10.16

1.【不登校】ニキビが気になるから行けない・・実は

不登校の子の中でも中学生・高校生といえばまさに思春期ど真ん中。そんな子たちの中に、「外出する時はマスクを欠かせない子」が時々おられます。 いくら母親が「暑いでしょー、マスクとったら?」と言っても、「いや!ニキビがあるから […]

コラム一覧へ