1.「ダイエットして体重減ったって喜んでいた娘が、最近おかしいんです」と気づいたお母さん(英子さん 20才 大三)

ダイエットで体重が減って、とてもうれしそうな英子さん

「娘がダイエットをやりだして、体重減ったって喜んでいたんです。でもそのやり方がだんだん極端になってきて心配なんです」と、お母さんが相談に来所しました。どうやら英子さんのダイエットがかなり激化してきたようです。カロリーの低い食べ物しか食べようとしないし、朝食はリンゴ半分とヨーグルトだけとか。「お母さん、夕飯は酢の物と焼き魚にしてね」と注文がきます。そしてほんの少しのご飯だけ。

たしかにやせてきました。「お母さん、このごろ5キロやせたのよ。ほらみてみて」とくるっとまわって見せます。ウエストや胸のあたりの肉がおちて、スマートになっています。英子さんはとてもうれしそう。それから間もなくでした。お母さんが「おや、このダイエットのやり方って、だいじょうぶかしら?」と思いだしたのは。

「やせる喜び」がだんだん強くなって、ダイエットがエスカレート

英子さんの喜びは、だんだんお母さんの心配に変わってきました。「一日にね、摂取するカロリーを決めてるの。1000キロカロリー以上はとらないのよ。だからお母さんも献立に協力してね」と、かなりきっぱり口調で言います。キッチンの棚にはお料理の本といっしょに、最近では食材のカロリーの本がならぶようになりました。

「ほら、これ買ってきた。これからはこれで計るわ。そしたらより正確に何グラム、何カロリー食べたかってわかるのよ」。キッチンテーブルの上には四角い箱がおいてあり、そこからは電子ばかりが出てきました。「英子ちゃん、あなたもう十分スマートよ。それ以上細くなったら、体に悪いわ」とお母さんは言ったのですが、電子ばかりに目を輝かせている英子さんの耳には入らなかったようです。

一生懸命食材のグラム数を計っている英子さんをみて、お母さんは「ダイエットのやりすぎじゃないかしら」と心配になり当センターに相談にみえました。

専門家から「英子さんは拒食症に落ち入るおそれがあります」と言われて

「毎日1000キロカロリー以下ですか。それでやせて喜んでおられるんですね」と話を聞いたカウンセラーは、詳しく状況を聞いていきます。聞くと体重ははじめは50キロあったのですが、今では43キロになっているそうです。(カウ=カウンセラー)

カウ:7キロやせて、そりゃスマートになるでしょう。問題はそこからですね。極端なダイエットは摂食障害に落ち入りやすいんです。拒食症の疑いがありますので、その点を確認させてください。娘さんは『私これだけやせたから、もうこれくらいでいいわ』と、言っていますか?それとも『もっとやせなきゃ。まだこのあたりにお肉ついているし。やせるって最高にうれしい』とか言っていませんか?

母親:先生、後のほうです。やせるのがうれしくてたまらないみたいです。目を輝かせてダイエットしてます。

カウ:お母さんが「ダイエットはもうそれくらいにしといたら。十分細くなってるよ」と言われたとき、どうですか?「7キロもやせたもんね。しばらくダイエットはお休みにしよう」と言われますか?それとも「何言ってるの。私のダイエットに口をはさまないで!」と、怒りますか?

母親:先生、それも後のほうです。英子にすごいにらまれました。それで私心配になって、相談にこさせてもらいました。

カウ:それはいけません。娘さんは拒食症のうたがいがありますね。

母親:え、拒食症?!やっぱり。それが心配だったんです。
先生、どんな点に注意すればいいでしょうか?

母親が気をつけて見ておくポイントを具体的にアドバイス

お母さんの話を聞いてカウンセラーは「娘さんのダイエットは、摂食障害に落ち入る心配がありますね」と言い、説明を続けました。

カウ:ダイエットで食べるものを制限して頑固に守っているうちに、食べることを拒否する拒食症になる人もいます。かと思うと反対に突然切れたみたいにワッーと食べだす過食症になる人もいます。英子さんのダイエットは拒食症とか過食症まではいっていないようです。が、その恐れがあるということを頭にいれておいてください」。

母親:先生、どんな点に注意してみていればいいでしょうか?」

カウ:今のダイエットのやり方がだんだん厳しくなっていくかどうかが、一つのポイントです。それと『やせてうれしい』ということが、体の心配がでるくらいになっていかないか、気をつけてみておいてください。様子が改善しない場合と、おかしいなと思うことがあったら、すぐにカウンセリングにおいで下さい」。

カウンセラーはお母さんにアドバイスとを出して、様子をみることにしました。

専門家の適切で具体的なアドバイスを得てホッとしたお母さん

お母さんの心配は的中していました。早めの対応で専門家の具体的なアドバイスを得られ、心配ななかにもホッとするものがありました。

「ダイエットのやり方がだんだん厳しくなっていくか」「やせたことで、体の不調がでてはいないか」この二点に注意しながらみていき、英子さんの様子からやはりカウンセリングをスタートしたほうがいいと決心しました。

関連記事

3.好きな物を用意して、母親から話しかけてみる

母親から先に話しかけてみると いつもは美雪から「お母さん、きて」と、呼ばれてから母親は部屋へ行っていた。そこでさんざん愚痴や不満を聞かされて。「もうええやないか」と母親が言うと、「なにゆうてるんや。あんたらの育て方が悪い […]

過食症に悩まされて14年。こんなに長期の過食でも治りますか?

高校時代のダイエットからはまりこんで14年 前略、初めてお便りさせていただきます。 過食症にはまってから、ほとんど毎日過食をしています。結婚もし、子どももでき、幸せな時もありましたが、過食はとまりませんでした。こんな長期 […]

子育て関連編:忙しいときに、まとわりつく

(3)忙しいときに、まとわりつく 子どもというものは「どうして?」と、思えるほど、お母さんが忙しいときに限ってまとわりついてくるものです。とくに働いていて、家事に少しでも時間を有効に使いたいと思っているお母さんは、子ども […]

シリーズ記事

2012.09.20

1.1.「ダイエットして体重減ったって喜んでいた娘が、最近おかしいんです」と気づいたお母さん(英子さん 20才 大三)

ダイエットで体重が減って、とてもうれしそうな英子さん 「娘がダイエットをやりだして、体重減ったって喜んでいたんです。でもそのやり方がだんだん極端になってきて心配なんです」と、お母さんが相談に来所しました。どうやら英子さん […]

2012.09.20

2.2.「やせた女の子が好き」とボーイフレンドに言われて、ダイエットをはじめた美穂さん(21才 大四)

ボーイフイレンドが「やせた女の子が好き」とわかってダイエットを 美穂さんがダイエットを始めたのは今から1年前でした。そろそろ就職活動も始まり、大学の学生課に足を運んでいたときのこと。夢中で張り紙をみて受ける企業をさがして […]

2012.09.20

3.3.スマートできれいな女優さんにあこがれ、ダイエットから食べるのが止まらなくなってしまった勝代さん(18才 高三)

雑誌やテレビのダイエット特集、若い女性に人気があります。ある週刊誌をみていた勝代さんは「いいな、私もやせたいな。ここに紹介してあるダイエットやってみようかな」とつぶやきました。 「ポテチのカロリー(kcal)って意外に高 […]

コラム一覧へ