【不登校】休み休み登校できる力・遅刻早退しながらでも登校できる力

数ヶ月や一年以上も完全不登校だった子にとって、再登校しはじめの頃は体力的にも精神的にも疲れを感じやすく、毎日ヘトヘトになって帰ってくる子も多いでしょう。そんな子が、せっかく行き始めたと思ったら一ヶ月もたたないうちに学校を一日休んだり、遅刻や早退をくりかえしながら登校することがあります。しかし、一日休んだかと思えば次の日はすんなり登校したり、遅刻する子も毎日遅刻ばかりというよりは、一週間に一、二回だったり、時どき早退して帰ってきたりするのです。こんな場合は厳しく叱ってでも毎日きちんと行かせるべきなのでしょうか。

私どものカウンセリングの経験から、最初から「完全登校」だけでなく「次第に安定登校」につながっていくというパターンがよくあります。最初は「ほどほど」に頑張って、慣れてくるにしたがって勉強の遅れを取り戻そうと努力したり、友だちづきあいの幅を広げていくというのがその一例です。他にも、毎日の学校生活で溜まったストレスを上手に発散しながら登校をつづけるというパターンもあります。

しかしながら、完全な不登校だった子の中には「完璧主義」な子も多く、そんな子にとっては「ほどほど」にがんばったり、「ストレスを上手に発散する」というのは簡単なことではありません。ですから、淀屋橋心理療法センターでは「ほどほどに頑張れるようにする」「上手にストレス発散できるようにする」にはどうするか、そのためのアドバイスに非常に大きなエネルギーを注いでいます。

そのため、親御さんへのアドバイスが効果を上げ完全登校を達成するまでは、時どき欠席する「五月雨(さみだれ)登校」や遅刻したり早退しながら登校する「部分登校」を、当面の間は「よし」とする場合があります。もちろん、目標は安定登校ですから、その子の「五月雨登校・部分登校」が次第に安定登校につながっていくかどうか、しっかりと見極める必要があります。

関連記事

こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

2009.02.10

質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

シリーズ記事

2011.05.26

1.【不登校】休み休み登校できる力・遅刻早退しながらでも登校できる力

数ヶ月や一年以上も完全不登校だった子にとって、再登校しはじめの頃は体力的にも精神的にも疲れを感じやすく、毎日ヘトヘトになって帰ってくる子も多いでしょう。そんな子が、せっかく行き始めたと思ったら一ヶ月もたたないうちに学校を […]

コラム一覧へ