摂食障害・拒食症 母親や姉妹等の家族に食べさせる

摂食障害・拒食症のご本人は、家族に少しでも多くの量を食べさせようとする場合がありますが、摂食障害・拒食症の姉が、妹の食事内容に細かく注文をつけるというケースがありました。このケースでは姉が治ってくると妹も楽になってきました。

今までは、姉が妹に対して「食べろ、食べろ」としつこく言い、沢山盛り付けて食べる事を強制する。妹の食べる量が気になって仕方がない姉が、妹が食べる食事の量を監視するまでになりました。見かねた母親が少しでも妹の肩を持つと不機嫌になりさらに状況が悪化します。

カウンセリング治療を続け、姉の摂食障害・拒食症が好転した今は、そういう束縛もなくなりました。妹は姉が強制する食事ではなく自分の好きなものを食べられるようになってきました。母親も安心して食卓につく事が出来るようになっています。

関連記事

2014.07.03

夏休みのゲーム依存の相談で

早いものでもう7月 夏休みも視野に入って来ました。新入学生の皆さんも新しい環境にも慣れて、新しい友人関係も広がってきたのではないでしょうか。 この春から高校生になられた息子さんの相談です。新しい友達とオンラインゲームを始 […]

2011.04.26

「アドバイスどおり小さな働きかけを地道に積み重ねてきてよかった!」・・お母さんの喜び

娘がひきこもって十年、万策つきて母親が来所 美香さん(33才)はひきこもって十年になります。二階の自分の部屋からでてこず、お風呂とトイレ、必要な時だけしか下に降りてきません。お父さんとの関係がこじれにこじれてひきこもって […]

薬なしで治したい。でも薬がないのは不安なの。

カウンセリングは薬がでないんでしょう。それが不安で 「どうぞ、お待たせしました」。担当セラピストの呼び掛けに、母親と娘の涼子は立ち上がった。ふらふらするのか母親が支えている。「朝から気分が悪くて。すみません」と母親がかば […]

シリーズ記事

2015.01.20

1.摂食障害・拒食症 母親や姉妹等の家族に食べさせる

摂食障害・拒食症のご本人は、家族に少しでも多くの量を食べさせようとする場合がありますが、摂食障害・拒食症の姉が、妹の食事内容に細かく注文をつけるというケースがありました。このケースでは姉が治ってくると妹も楽になってきまし […]

コラム一覧へ