「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)

摂食障害:美佐 22才 本屋勤務 過食歴6年

必死で両親の仲をとりもつ美佐

「なんだ、この部屋は。いつもきれいにしてくれって言ってるだろう」と、居間に入ってくるなり父親が大きな声をあげました。「はい、はい。わかってますよ。あなたも気がついたらきれいにして下さってもいいでしょう」と母親の声。二人の声が聞こえてくると、美佐はいつもヒヤヒヤして耳をそばだてるのが幼いころからの習慣です。「なんだ、その言い方は。きれいにしてくれって言ってるんだ!」「そんなに怒鳴らなくったていいでしょう」。こんな小競り合いがつづく毎日、美佐はいつもたまらず二人のあいだに飛び出していきました。

「やめてよ、そんなことくらいでけんかするの。お父さんだってお母さんが仕事から帰って、夕飯の支度で忙しいってことわかってるでしょ。」と、父親のほうをむいて諭すような口調で言います。「お母さんもいちいち言い返さなくてもいいじゃない」と母親をなだめます。いつも美佐が父親と母親の仲をとりもつことで二人のけんかがおさまってきました。

美佐が過食症を発症したのは、16才のとき、高校一年生でした。毎日両親の小競り合いがおさまると、自室にこもって買い置きしてあった食べ物を詰め込むように食べて吐いて。そして6年がたちました。

カウンセリングがスタートして半年後、過食は半分に減った

半年のあいだには、山あり谷ありとたいへんな場面が多くありました。「なんですか。それでは私がわるいとおっしゃるんですか」と、お父さんのほうからセラピストにクレイムっぽい言い分がだされたこともありました。「私だって自分のやりたいことや言いたいことあります。それをなぜ主人はわかってくれないのか。もう後ろにはひけません」と、強行発言が母親からだされたことがありました。

二人のあいだは相変わらず小競り合いが続いています。しかしカウンセリングにおけるアドバイスでかなり中身が変わってきました。「二人のケンカは二人でおさめる。けんかはしてもいいけど、仲直りじょうずになりましょう」。

両親の仲直りができだすと、いつのまにか美佐は二人のあいだに入って仲をとりもつということをしなくてよくなりました。「あー、またはじまった。ま、いいか。ふたりでおさめてくれるようになってるもん」。気持ちの楽さかげんが、過食に走る衝動につながらなくなったと、美佐は話していました。

母親と美佐が味噌汁のことで大げんかを

美佐の過食は毎日だったのが二日に一回と減ったのですが、まだまだ過食は続いていました。「いつまでこんなことしてるつもり。もういいかげんにしてよ」と、母親の声もヒステリックになりがちでした。阪急梅田にある本屋さんで働いている美佐は、過食症をかかえながらも欠勤や遅刻もほとんどなく頑張ってやってきたというのに。過食のこともカウンセリングでアドバイスをもらい出してから、ずいぶん理解し変わってくれるようになってきたと思っていたのに。それが先日ささいなことで母親と大げんかをしてしまったのです。

美佐がお風呂からあがってみると、食卓の上にお椀にはいったお味噌汁がおいてありました。いつもカウンセリングでは「食べ物を美佐さんの目につくところにおかないよう」とアドバイスがあります。「それなのに、なんで味噌汁なんかおいとくのよ!」と、美佐はカッとなって怒鳴っていました。「お母さん、食べ物をテーブルにおいとかないで。あれほど言ってるのに。また食べたくなってしまうじゃない!」「そんなこと言ったって、冷蔵庫に入らなかったのよ。自分でなんとかしてよ」と母親も言い返します。カッーとなった美佐は、お椀ごと母親にむかって投げつけました。お味噌汁をぶっかけられた母親も逆上。つかみ合いのけんかになって、おろおろした父親にとめられその場はなんとかおさまりました。

「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた美佐の過食症

カウンセリング室で美佐と母親は座っていました。「そうですか。それはすごいバトルだったんですね。しかしこれは革命です。過食症の人がここまで自分の腹の立つことを主張されるとは。美佐さん、よくやりましたね。けんかもいいですが、仲直りはできましたか?」というセラピストの問いかけに二人は顔を見合わせました。「ごめんね、お母さん」「ううーん、いいよ、美佐。お母さんが悪かった。うっかりしてたよね」と、二人の仲直りができました。

それから美佐はちょっとイヤなことでも黙っていないで、文句をよく言うようになりました。母親も「そうか、そうか、そんなことが美佐はいやなのね」と、受けとめてくれます。そして同時に「お母さん、私ね、今夜食べ吐きやめようと思って、過食の買い物しないで帰ってきたの」とか「日曜は4時まで食べないでがんばるね」といった過食にたいして前向きの言葉が出てくるようになりました。

美佐の過食症の治療がスタートして一年半、今ではときどき二週間に一度くらいの過食で過ごせるようになっています。お父さんとお母さんのけんかも仲直りがじょうずになってきたし、美佐もしっかり言いたいことが言えるようになり、家族間の風通しがずいぶんよくなってきました。今完治にむけて治療はすすめられています。

症状を克服、良くなった姿

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

RSS配信

RSS配信

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」