【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子

四月も二週目になると、すでに高校の「入学式」を済まされた子も多いことでしょう。不登校の子の親御さんにとって「高校入学」は、「願ってもないやり直しのチャンス」である一方、「高校でもまた不登校になってしまうのでは・・」と不安がぬぐえないなど様々でしょう。

それでも、なにしろ「入学式」という第一歩を踏み出してくれたとしたら、「このまま何とか卒業まで・・」と、つい期待感も生まれてしまうのではないでしょうか。

そんな中、たった一日や二、三日学校に行っただけで「やっぱりあの高校はイヤ!。やめたい!」と言い出す子がいます。親御さんが慌てて理由をきいても「とにかく合わない!」「あんなん違うねん!」と曖昧な返答しかせず、必死で説得しても「イヤや、もう通信(通信制高校)にかわる!」「やめて高認(高等学校卒業程度認定試験)とって大学いくし!」と頑なな態度を変えてくれないのです。

当センター不登校のカウンセリングにも、入学してすぐに不登校になってしまった子や、高校に入学したものの上記の事例の子と同じように、すぐに「やめたい」と言い出す子のご相談はけっこうあります。

入学してすぐに高校を嫌がる子で多いのは、「受験する高校の決め方が不本意だった」「早く友だちを作ろう・クラスで目立とうとしてテンションを上げすぎた」「期待が高すぎて、理想通りの高校でないことがわかりショックが大きかった」・・などが発端である場合が多いようです。

こんなことも、中三の時にカウンセリングに通っていただいていたら、ある程度は高校のスタートの切り方が予想できるようになります。そんな時は「こんな心配があるので、このような先手を打っておきましょう」「こうなった時はこうしましょう」といった相談が親御さんとカウンセラーとの間で事前にできることもあるのです。

関連記事

2014.07.24

夏休みのゲーム依存の相談で 3

小学校、中学校も長い夏休みが始まりました。親御さんもご飯の用意や頻繁にある兄弟げんか、友達の出入りなどお忙しいことだと思います。 猛暑だとどうしても家でゲームをする機会も増えてくるものです。ネットゲーム環境がますます充実 […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・3)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

2008.02.06

6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症

冬休みが終わりました。お正月やスキー旅行など、楽しいスケジュールがいっぱいの冬休みです。しかし過食症の人にとっては、親戚の人がやってきたり下宿をしていた兄姉が帰ってきたりと、いつもの過食パターンが崩れがちでてしんどいこと […]

シリーズ記事

2015.04.24

1.【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子

四月も二週目になると、すでに高校の「入学式」を済まされた子も多いことでしょう。不登校の子の親御さんにとって「高校入学」は、「願ってもないやり直しのチャンス」である一方、「高校でもまた不登校になってしまうのでは・・」と不安 […]

コラム一覧へ