【不登校】「仕事をしている母親」と「不登校の子」

2月に「川崎市中一少年殺害事件」が起こり、現在も捜査が進んでいる最中です。この中一の被害者少年のお母さんも仕事をされていたことは報道の通りです。川崎市は大阪からは離れているとは言え、決してよそごとではありません。しかも殺人(殺害)事件です。

母親からすると・・、仕事をしているため

子どもの登校時間より先に出勤するので、登校したかどうか確認できない

休んでいる子が(仕事中のため)昼間に何をしているかわからない

仕事から帰ってからも夕食の準備に追われてゆっくり子どもの話を聴いてやれない

・・・。これは、当センター不登校のご相談にこられた親御さんの声のほんの一例です。しかし、最近は本当に多くの親御さん(母親)が仕事をされているんだなと感じます。

また、母親の中には、

子どもの登校を見届けてから出勤しているのに、私(母親)が出勤した後に帰ってきてしまう

朝から家を出て、夕方帰ってきていたが、どうも公園やショッピングセンター・ゲームセンターで時間を潰して帰ってきていたようだ

など、たとえ母親が勤務時間を工夫してもこんなことをする子まで。不登校の子の行動・実情は実に多様なのです。

しかしながら、私どもの不登校のカウンセリングの経験の中では「母親が仕事をしている子=不登校になりやすい」はあまり因果関係がないように思います。母親が専業主婦で家にいても学校を休む子は休むのです。

カウンセリング中、「子どもを再登校させるためには仕事をやめた方がいいんでしょうか?」と、このようなご質問をよくお聞きしますが、そのほとんどは「ノー」といって良いでしょう。「仕事を続ける・辞める」でなく、工夫したり改善できる部分はもっと他にあるのです。

また、仕事をしているがために、子どもと話(会話)をする時間が少ないという点に問題意識を持っておられる親御さんもおられますが、実際には「(会話する・一緒にいる)時間の長さ」というよりは「短い時間でも、いかに大事な話ができるか」ということがポイントなのです。対応のコツさえつかめば、一日30分や1時間ぐらいでも十分ということがよくあります。

関連記事

息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をも […]

嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。 幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づ […]

2010.07.26

事例2:娘(小6)はがりがりにやせているのに、ほとんど食べようとせず、バレエのレッスンで激しく体を動かします。大丈夫でしょうか?

低体重でふらついて。でもお医者さんに行こうとしない美菜 美菜は小学6年生で、身長150cm 体重28kg。これは同じ身長の女子の体重からするとかなり少ない体重です。だから見た目はがりがりにやせていますが,本人はそれを認め […]

シリーズ記事

2015.03.12

1.【不登校】「仕事をしている母親」と「不登校の子」

2月に「川崎市中一少年殺害事件」が起こり、現在も捜査が進んでいる最中です。この中一の被害者少年のお母さんも仕事をされていたことは報道の通りです。川崎市は大阪からは離れているとは言え、決してよそごとではありません。しかも殺 […]

コラム一覧へ