「怠学(怠け)」の子への親の対応

学校に行きたくても行けない「不登校・登校拒否」と違い、周囲から見て「行く気もやる気もなさそう」に見える子がいます。一般的に、受容してやるべき不登校と区別する上で「怠学(怠け)」というレッテルを貼られることがよくあるようです。

淀屋橋心理療法センターでは「不登校」以外にも「非行」も得意としていますが、どうやら「怠学(怠け)」と呼ばれている子たちは、当センターで考えている「非行」に近い分類として扱われているようです。

当センターでは、親御さんが根気強くしっかりと対応していただければ、かなりの高確率で快方に向かわれます。学校の先生方やクラスメートたちのサポートがあればなおさらです。

一方、「淀屋橋心理療法センター=家族療法」ですので、親御さんに対応の工夫をする気力や余裕がなければお手上げです。いくら学校の先生方が骨を折られても成果が上がらないこともしばしばあるでしょう。それほど、家族(親)の対応による影響力が大きいということでしょうか。

「怠けている」と「怠けているように見える」は紙一重です。「寂しがり屋だから、誰かにサポートしてもらえないと、やる気が湧いてこない」「クラスで居場所がない・活躍の場がない」といった場合にも、登校が困難になったり、登校しても「怠けているように見える態度」をとる場合もあるでしょう。

「わが子を何とかしてやりたい」と切望されている親御さん、根気強く対応する気のある親御さんは、当センターが作成したホームページの「非行」の記事チェックリスト等をぜひ参照して下さい。

関連記事

夫婦関連編:夫の家事協力

一才半の子どもをかかえるB子さんが、相談にみえました。「うちの人ったら、健(子)が寝かかってるのに、大きな声で『おーい、玄関のとこ汚れてるで。掃除したんか』ゆうて、ガチャガチャ音たてるんです。そしたら案の定『うわーん』ゆ […]

2010.02.08

「人の視線が気になってしんどい」と学校を休みがちの敏夫君(高二)

対人恐怖症の事例:敏夫(高二) 「人の視線が気になり、外へでるのもしんどい」と不登校ぎみに 敏夫君は初診のカウンセリングを受けにくるのもしんどかったようです。面接室でじーとうつむいて、出されたお茶に手をだそうともせず座っ […]

2014.08.06

夏休みのゲーム依存の相談で 4

猛暑が続く毎日、子ども達はどうしてもゲームに走りがちです。小学校低学年のお子さんならまだ親御さんの言うことを聞くでしょうが、思春期にさしかかると親の言う事を聞かないという愚痴があちこちで聞こえてきます。中学生、高校生にで […]

シリーズ記事

2011.03.09

1.「怠学(怠け)」の子への親の対応

学校に行きたくても行けない「不登校・登校拒否」と違い、周囲から見て「行く気もやる気もなさそう」に見える子がいます。一般的に、受容してやるべき不登校と区別する上で「怠学(怠け)」というレッテルを貼られることがよくあるようで […]

コラム一覧へ