不登校 進学校の挫折 高校の保健室からの相談で

保健室の先生からご相談を受けたK君のケースです。第一志望の進学校に見事合格したK君。意気揚々と高校生活をスタートさせたのですが5月には「もう辞めたい」と相談にきました。あれほど憧れ目指していた高校ですが、いざ入学してみると夢見ていた学校生活と現実の差に失望してしまっています。

  • 勉強はレベルが高すぎて一日でも休むとついていけなくなるのではという恐怖。
  • 中学では常に上位にいたのに高校では中位から下位の成績でプライドも自信も喪失してしまった。
  • サッカー部でも頑張ろうと思っていたのに仲間は塾優先で練習には全く気合が入っていない。
  • 通学に時間がかかり電車も満員で大きな通学バッグが邪魔で周りの人に露骨に嫌な目で見られる。

等々次々と嫌なことばかりが頭に浮かび離れなくなっています。

親は最難関の進学校に通う息子のことが心から嬉しいようで口が裂けても辞めたいなんて言える雰囲気ではないしと一人で悶々と悩んでいるK君がいました。

現実と理想は往々にして違います。そこを上手く折り合いをつけ受け入れながら乗り越えていくことが必要だと思います。その為には一番身近で信頼できる家族に初期段階から愚痴や不安を話せていることが大事なのです。話すことで気持ちに折り合いをつけたり、妥協したり、上手くしのいでいけたりする力が育ってくるのです。

しかしK君の様に心の優しい人は親に心配をかけたくない、あんなに喜んでいるのに失望させたくないという気遣いが先に立つのです。元々気遣い優先の優しい穏やかな家族によく見られることです。K君が自分の喜怒哀楽を気遣いなく吐き出せる家族、それでも以前より絆の強い家族に変わっていってもらいたいのです。

関連記事

10話:コアラの人形―関心の対象が、安心できる方面にどんどんひろがってきた(美樹18才)

美樹(18才 高3)は過食症になって二年になります。発症して一年たってから母親といっしょに淀屋橋心理療法センターでカウンセリング(セラピー)を受けることになりました。来所して一年がたっています。来所した当時は、食べること […]

子育て関連編:わがまま

「もう、この子の我の強いのには、ほとほと疲れました」と、お母さんが相談にこられました。3才半になる男 の子をお持ちです。友だちと遊ぶのもだいじと、近くの公園へ。しかし毎日のように、遊び友だちといさかいを 起こします。「こ […]

2015.04.29

リストカット(自傷行為)をする娘さんを持つ親御さんの困惑

リストカット(自傷行為)をする娘さんを持つ親御さんを、困惑させる出来事があります。 一つは勿論リストカット(自傷行為)そのものです。もう一つは、昨日まですごく元気でポジティブだったのに、朝になったら「死にたい」に変わって […]

シリーズ記事

2015.01.27

1.不登校 進学校の挫折 高校の保健室からの相談で

保健室の先生からご相談を受けたK君のケースです。第一志望の進学校に見事合格したK君。意気揚々と高校生活をスタートさせたのですが5月には「もう辞めたい」と相談にきました。あれほど憧れ目指していた高校ですが、いざ入学してみる […]

コラム一覧へ