不登校 進学校の挫折 高校の保健室からの相談で

保健室の先生からご相談を受けたK君のケースです。第一志望の進学校に見事合格したK君。意気揚々と高校生活をスタートさせたのですが5月には「もう辞めたい」と相談にきました。あれほど憧れ目指していた高校ですが、いざ入学してみると夢見ていた学校生活と現実の差に失望してしまっています。

  • 勉強はレベルが高すぎて一日でも休むとついていけなくなるのではという恐怖。
  • 中学では常に上位にいたのに高校では中位から下位の成績でプライドも自信も喪失してしまった。
  • サッカー部でも頑張ろうと思っていたのに仲間は塾優先で練習には全く気合が入っていない。
  • 通学に時間がかかり電車も満員で大きな通学バッグが邪魔で周りの人に露骨に嫌な目で見られる。

等々次々と嫌なことばかりが頭に浮かび離れなくなっています。

親は最難関の進学校に通う息子のことが心から嬉しいようで口が裂けても辞めたいなんて言える雰囲気ではないしと一人で悶々と悩んでいるK君がいました。

現実と理想は往々にして違います。そこを上手く折り合いをつけ受け入れながら乗り越えていくことが必要だと思います。その為には一番身近で信頼できる家族に初期段階から愚痴や不安を話せていることが大事なのです。話すことで気持ちに折り合いをつけたり、妥協したり、上手くしのいでいけたりする力が育ってくるのです。

しかしK君の様に心の優しい人は親に心配をかけたくない、あんなに喜んでいるのに失望させたくないという気遣いが先に立つのです。元々気遣い優先の優しい穏やかな家族によく見られることです。K君が自分の喜怒哀楽を気遣いなく吐き出せる家族、それでも以前より絆の強い家族に変わっていってもらいたいのです。

関連記事

2014.01.21

【不登校】小学生の家庭内暴力

小学生の家庭内暴力は中学生以上の子の暴力に比べると、暴れる程度はまだマシな子が多いでしょう。もちろん、中には親を叩いて青あざができたり、壁を蹴って穴をあけたり、リモコンを投げつけて壊したりと、被害が大きいこともあるようで […]

お父さんの出番をこしらえて

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイクを買ってほしくてたまらない。「ねえ、ピンクのバイクなんやけど、こうてえな」と最近はうるさく母親につきまとってい […]

2010.05.19

不登校から「単位制・通信制」の高校へ

中学三年生や高校生の不登校のご相談を受けていると、少なからず単位制・通信制高校や高認(高卒認定試験)の話題が出てきます。また、積極的な親御さんは、お一人で何校もの単位制高校やサポート校の相談会に足を運ばれたり、ネットで資 […]

シリーズ記事

2015.01.27

1.不登校 進学校の挫折 高校の保健室からの相談で

保健室の先生からご相談を受けたK君のケースです。第一志望の進学校に見事合格したK君。意気揚々と高校生活をスタートさせたのですが5月には「もう辞めたい」と相談にきました。あれほど憧れ目指していた高校ですが、いざ入学してみる […]

コラム一覧へ