主人が「うつ病」で3年間通院、投薬を続けているが、よくならない・・|よくある質問

よくある質問
主人が「うつ病」で3年間通院、投薬を続けているが、よくならない・・

職場のストレスから落ち込みだし「うつ病」に

主人(40才、銀行勤務)が「うつ病」と診断されたのは、今から三年前です。朝起きるのがしんどくて遅刻しがちでした。それまで精勤な仕事ぶりでしたので、信じられない感じがしていました。体のだるさを訴えましたので、内科で検査をしてもらいましたが「異常なし」。そこで心の病気のようだからと心療内科をすすめられました。現在もおなじ医院に通っており投薬をうけています。

二週間に一度診察を受け、短いお話を聞いていただきお薬がでます。最近はお薬の種類もあまり変わらなくなりました。治療効果はあまりなく、低空飛行のままなので不安がつのっております。

そちらで使われている家族療法では、家族にもアドバイスをだされると知りました。妻である私がどのように主人の治療によりよく参加できるのでしょうか。お教えください。

(うつ病に悩む夫の妻より)

主人が「うつ病」で3年間通院、投薬を続けているが、よくならない・・

メール拝見したしました。「うつ病」になって三年目。低空飛行のまま好転しないというお話ですが、ご心配なことと存じます。

うつは「心の風邪ひき」と言われ、心の病気のなかでは比較的治りやすいと言われています。三年目ということならば、ご家族の疲労感がつのり、ご夫婦の関係も少しぎくしゃくしてきているのではないでしょうか。そのあたりの様子によっても治りやすさは変わってきます。おっしゃる通り家族療法では、本人だけでなく、ご家族にもアドバイスをさせていただきます。うつの場合はとくにそばにいる人の対応が、良くなるカギを握っていることがあります。

治療に成功するために必要なことは、ご主人にあったよい治療方針と、こつこつ積み上げていくねばりです。一度ご一緒に面接をお受けになられてはいかがでしょうか。ご連絡お待ちしています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」