友だち・社会性関連:集団のルールが守れない

『集団のルールが守れない』(別冊PHPより)

個性の強い子に多いと言われますが、そうではなくて「個性を集団のルールにあうように、出し方をしつけ てもらえなかった」のではないでしょうか。

幼いころおもちゃを独り占めするとか、いやなことがあるとすぐ叩くとか、なかなかみんなとうまく遊べない 子がいます。一人っ子であったり、おばあちゃん子であったりすることが多いので、そのせいだろうと思われが ちです。が、本来子どもとはそういう我のかたまりが自然な姿なのです。「好きなおもちゃで遊べないと、つま らないでしょ」「叩かれると、痛いし、イヤなのよ」と、子どもがしたことで、相手がどんな気持ちになるか、 そのつど教えてあげましょう。

自我を出し、思う存分発揮することでその子の個性がぐんぐん伸びていくのですが、そのプロセスでまわりの 人に迷惑をかけたりイヤな思いをさせたりしていたら、伸びた個性は宙に浮いてしまいます。どこかで他人への 思いやりやルールを守る大切さを感じとれないと、結果として社会に適応できない個性になってしまう恐れがあ ります。

ただ納得しないと動けないという子もいます。そのルールを「確かに守ることが大事だ」と、きちんと説明し てもらえないまま、守ることだけ子どもに押しつけているということはないでしょうか。こんな場合、芯に強い ものをもっている子ほど、「守れない」ではなくて[守らない」、という反対行動にでることがよくあります。

シリーズ記事

1.友だち・社会性関連:集団のルールが守れない

『集団のルールが守れない』(別冊PHPより) 個性の強い子に多いと言われますが、そうではなくて「個性を集団のルールにあうように、出し方をしつけ てもらえなかった」のではないでしょうか。 幼いころおもちゃを独り占めするとか […]

2.友だち・社会性関連:友だちができない

『友だちができない』(別冊PHPより) まわりに同世代の遊び友だちはいるでしょうか。小さい頃から子ども同士で遊ぶ機会が少ないと、ゆずったり我慢したりができず、わがまま、かってものと言われて、友だちができにくくなります。お […]

3.友だち・社会性関連編:あいさつができない・人見知りがはげしい

『あいさつができない・人見知りがはげしい』(別冊PHPより) 人見知りがはげしい子なのに、きちんとしたあいさつのできる子がいました。年齢に比してあんまり上手なのでお母さんに聞いてみたところ、「練習させてます」という答え。 […]

4.友だち・社会性関連編:いじめっ子

男の子(小6)をもつお母さんの話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの。まだいじめられてるほうがましやわ」と、お母さんは嘆かれます。 仕事から帰ってきて急いで夕飯の支 […]

5.友だち・社会性関連編:いじめられっ子

わが子が「いじめ」られているか否か、母親がこれを見つけるのは大変です。よほどひどくいじめられているのでない限り、外見だけでは判断できないからです。最近でこそ「いじめ」に関する相談は、なりを潜めてはいますが、決してなくなっ […]

6.友だち・社会性関連編:外へでるのが不安

『外へ出るのが不安』(別冊PHPより) なにか恐い思いをしたということはないでしょうか。車に追突されそうになったとか、恐い人におどされたとか、友だちにいじめられたとか。外へ出るのが不安という場合、そうした体験が根っこにあ […]

7.友だち・社会性関連編:集団がこわい

『集団がこわい』(別冊PHPより) もともと性格的におくびょうな子は、集団の雰囲気に押しつぶされるような気がすると言います。それと気はしっかりしているが、親が子どもグループになれさせようと無理強いした結果、心にイヤな思い […]

関連記事

番外編(1):いじめの家族療法を紹介した本『家族の心理療法』(朱鷺書房)

当センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書い […]

夫婦関連編:夫の家事協力

一才半の子どもをかかえるB子さんが、相談にみえました。「うちの人ったら、健(子)が寝かかってるのに、大きな声で『おーい、玄関のとこ汚れてるで。掃除したんか』ゆうて、ガチャガチャ音たてるんです。そしたら案の定『うわーん』ゆ […]

日常生活関連編:夫や子どもがちらかす

「ちらかった部屋をみると、いらいらしてしまう」というお母さんは多いようです。子どものあとを追っかけて、朝昼晩と一日中掃除機をかけているとか。そして許せないのが夫のちらかし。子どもといっしょになって遊んでくれるのはうれしい […]

記事一覧へ