親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。面接中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、切れてしまいました。面接どころではありません。「いつもこうですか?これはたいへんですね。次回はお父さんも参加していただきましょう」。

二週間後、こんどはお父さんもいっしょでした。お母さんにしがみついて離れようとしない子どもを、お父さんがじょうずにあやして待合い室のほうへと出てくれます。お母さんは、心に貯まっていたうっぷんを思いの丈話せて、ようやくすっきりできたようです。お父さんの育児参加がどれだけ、母親を救うかがわかりました。PHPの本より該当項目を下に紹介しましょう。

『ひっつき虫』

子どもがお母さんにまとわりついて離れないことはよくあります。ひっつき虫というのは、「わがまま、甘える」とならんで、子どもの心の成長にとても大切なことなのです。

問題はお母さんが疲れてしまい「いいかげんにあっちへ行ってなさい」と、ヒステリックに叫んでしまうことにあります。これでは子どもも欲求不満を感じるでしょう。

二~三歳まではこのひっつき虫が安定した情緒形成に重要な役割を果たすので、しっかりとひっつかせてあげます。そのためにはお父さんの育児参加も必要ですよね。お母さんが疲れはててしまわないよう、夜○時から○時はお父さんと交代、土日はお父さんの番とか決めておくと、お母さんも体を休めることができます。

しつけができる年齢になったら、「今は忙しいから待って」と言い聞かせます。相手の状態を見てガマンする必要があるというしつけは、将来社会性を養う上で、とても大切な要素となります。

ポイントはひっつかせてあげるときと、できないときのメリハリをつけることです。できるときは思いっきりひっつかせてあげて、満足感を与えてあげます。子どもは十分な愛情を感じたら自然に親から離れていきます。成長につれて肌のひっつき虫だけでなく、心のひっつき虫 — いっしょに話し合ったり、掃除をしたり、片づけたり — を育てていくことも大切です。

関連記事

2012.03.19

1.やりたい仕事見つかった。うれしいけど不安いっぱい。でもがんばりたい!(朋子 24才 過食症歴2年)

過食嘔吐でカウンセリングをうけて2年、ようやく苦しかった食べ物との戦いから脱出し始めた朋子さん。クライアントさんが元気になってくると、必ずといっていいほどやってくるのが「どこかで仕事したい。いつまでもお父さんお母さんに迷 […]

お母さんとの会話がはずみだしたらOK(祥子22才 摂食障害・過食症歴2年)

じょうすな相づちとへたな受け答えのちがいが決め手 祥子(22才)が過食になってもう二年になる。勤めていた銀行も過食のために昨年やめた。毎日食べたり吐いたりに、ほとほといやになってしまった。「なんとかこの苦しさから逃れたい […]

2012.07.12

ストレスをさらっと流すクセがあるタイプは摂食障害(過食症)が長引くおそれがある(春香 30才 美容師 過食歴10年)

「こんにちわ!」といつも笑顔で元気な春香さん 春香さんはいつも笑顔でドアを開けて入ってきます。「先生、こんにちわ!」と元気そうな大きな声です。こんな明るい自信にあふれた春香さんが、過食嘔吐に10年も悩まされているなんて誰 […]

シリーズ記事

1.親子関連編:過保護・過干渉

不登校の中学一年生のお母さんが来所されています。話を聞いて心のなかで驚いています。毎朝、K子ちゃんを起こすことから日課が始まります。「お母さん、のどかわいた。ジュースもってきて」「お母さん、タオル。手がねたねたしてるの」 […]

2.親子関連編:甘える

「甘え」は、心の養命酒 K子さんは5年前から過食症で苦しんでいます。今25才ですから20才のときに発症したと言えます。きっかけは「ダイエット」。「やせたい、スマートになりたい」というやせ願望にとらわれて、だんだんはまって […]

3.親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。面接中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、切 […]

コラム一覧へ