【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で

4月の新学期はクラス替えの時期。クラスメートは元より、担任の先生も替わるのが一般的な上、始業式までは「クラスメートは誰が一緒か・新担任は誰か」というのも教えてもらえません。

不登校の本人は「クラスメート」も「新担任」も両方が気になるところでしょう。一方、親にとってもクラスメートは気になるものの、「新しい担任」はいっそう気になるものです。それは「子どもの事情をまたイチから説明しないといけないのかしら・・・」ということです。親御さんの願いは、前の担任の先生から「昨年度の登校状況や本人の情報や性格」などをなるべく細かく『引継ぎ』しておいてほしいのです。

実際には、親御さんに対して「引継ぎ」をうけている先生と、イチから「何で(学校に)来れないのですか?」という先生の割合は「半々」という感じでしょうか。もちろん、学校内部では引継ぎはあるものの、親御さんの手前は「引き継いでない」と話しておられる場合もあるかもしれません。

しかし、不登校のカウンセラーとして一番大事にしたいのは「親御さんのモチベーション・安心感」などです。学年が替わるたびにイチから説明しないとと考えるだけで気が重たくなってしまったり、再登校に対するモチベーションが一気に下がってしまう場合もあるのです。どれだけ細かく引き継いでおられるかは別としても「去年の担任から聞いてますよー」という一言があるだけで安心して、「よし、今年もがんばろー」という親御さんも多いのです。

関連記事

2.生活の記録から見えてきた改善のてがかり

家族療法による治療がスタートした 「先生、読んでください。できるだけ息子にわからんように書いてきました」と、母親はつけてきた生活の記録をさしだした。どんな内容なのか、少しここに抜粋してみよう。 (*抜粋ですが、特定できな […]

2014.10.10

アトピー性皮膚炎の相談で

最近アトピー性皮膚炎で相談に来られる方が増えています。昨今、大人の喘息やアレルギーも増えてきたと言われています。体質や環境の問題だろうと考えがちですが意外とカウンセリングでアトピー性皮膚炎が改善するケースがあるのです。 […]

2008.01.07

2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」

うれしい一通の年賀状 お正月があけて「さあ、今日から新しい年の仕事がスタートだ」と、勢いよく職場のドアをあけました。たくさんの年賀状のなかで、なつかしい名前の一通に目がとまりました。 『明けまして おめでとうございます。 […]

シリーズ記事

2016.04.13

1.【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で

4月の新学期はクラス替えの時期。クラスメートは元より、担任の先生も替わるのが一般的な上、始業式までは「クラスメートは誰が一緒か・新担任は誰か」というのも教えてもらえません。 不登校の本人は「クラスメート」も「新担任」も両 […]

コラム一覧へ