『健康な子ども』(2005年5月号)の特集記事をご紹介

さわやかな5月、そしてみんな心待ちにしているゴールデン・ウイークが近づいてまいりました。 さて、以前に掲載のお知らせと項目のみを書きましたが、きょうはその内容にふれたいと思います。

『健康な子ども』2005年5月号 【特集:事例で学ぶ「しぐさ」は子どもの心を映す鏡です】

***子どもの「しぐさ」には2種類あります*** (以下は掲載本文の要点のみ)

子どものしぐさには大きく2種類に分けられます。

意図的にだすしぐさ相手になにかを伝えたい、察してほしい、時に出すしぐさ。ここで取りあげている「反抗的な態度」とか「視線を合わそうとしない」がそれにあたります。

無意識にだすしぐさくせになっているので、子ども自身がその「しぐさ」には気がついていない場合がよくあります。ストレスが重なって辛さを感じているけれどしっかりとつかめない、言葉で表せないという葛藤状態です。もうこれ以上辛抱できないという「心の叫び」としての「しぐさ」と、とらえることができます。「目をパチパチさせる」のチックや、「髪をいじる」がエスカレートして「髪の毛を抜く」などは、その代表的な「しぐさ」です。

***事例紹介と、その解説・アドバイス編***

●事例1:反抗的な態度をとる

▼かくされているもの — 「言葉に出せない不満がたまっている。仲間はすれ、担任へのいらだちなど」 小学低学年にはよく見られます。高学年から中学生にかけての反抗的な態度は、自我の芽がのびて、・・・大人のすることにかなりきつい反抗的な態度をだしてきます。 ▼対応のポイント — 「やさしく、気持ちを聞いてあげる。叱った後の様子を見ておく」 ▼専門家からのアドバイス — 「言いたいことを言い、しっかりと受け止めてもらえる場所が必要」「うちの子は、今まで親に反抗もしたことのない良い子でした」ということはありませんか。・・・怒りや愚痴、不満、悲しみなどの負の感情を、言葉で親に伝える習慣が少なくなってきています。親はしっかりと聞き役になって受け止めてあげましょう。

●事例2:人と視線を合わそうとしない

▼かくされているもの — 「対人緊張と感受性の強さ、自意識過剰の気持ち」対人緊張の初期によくある状態です。子どものもっている細やかさや感受性の強さなどを、まわりがうまく扱ってやることがポイントです。 ▼対応のポイント — 「さりげない話題で、緊張をほぐす。緊張のなかみを言葉で話せるように」 ▼専門家からのアドバイス — 「根底に『自分に自信がない』、自分の持ち味がつかめていない」

●事例3:髪の毛をいじる

▼かくされているもの — 「ストレスがかかっている。安心感がほしい」 ▼対応のポイント — 「効果のある指をつかう遊び。握手して手のぬくもりを伝える」 ▼専門家からのアドバイス — 「ホッとできる時間が必要。ストレスのこじれがないかを確認」

●事例4:落ち着きがない

▼かくされているもの — 「ちょっとした不満や不安。好奇心が強い面がある」 ▼対応のポイント — 「いっしょに動き回ってみる。家庭での様子も把握する」 ▼専門家からのアドバイス — 「本来の姿が発揮されていない。不満や不安を言葉で表現させる」

●事例5:目をパチパチさせる

▼かくされているもの — 「言いたいことがあるのに、気づいていない。うまく言えない」 ▼対応のポイント — 「我慢していることはないだろうか、気持ちを聞き出す」 ▼専門家からのアドバイス — 「向き合ってじっくり話を聞く。リラックスさせる」

●事例6:友だちに乱暴する

▼かくされているもの — 「かまってほしい気持ちが強い。活発な面をプラスで見てほしい」 ▼対応のポイント — 「乱暴な行為に乗っていく。乱暴に代わるものを取り入れる」 ▼専門家からのアドバイス — 「キーワードは「認められる」と「理解」。生まれつきの性格もある」

●事例7:もじもじしている

▼かくされていること — 「言いたいことが詰まっている。あせりで、頭のなかがまっ白」 ▼対応のポイント — 「せかすのも一つの方法。オウム返しで話しやすくする」 ▼専門家からのアドバイス — 「長所が自分で自覚できるように、積極的な面を伸ばす」

●事例8:無表情

▼かくされているもの — 「感情を出してはいけないという気持ちが強い。いじめ、虐待は?」 ▼対応のポイント — 「プラスの気持ちで返す。表情が出る瞬間をさがす」 ▼専門家からのアドバイス — 「自分の本質を抑えていないか、生活全般をゆっくりと見直す」

●事例9:みょうにやせてきた

▼かくされているもの — 「『良い子でないとダメ』という意識。大人への気づかいでいっぱい」 ▼対応のポイント — 「まずは内科医の検診をすすめる。話題を『食べる、体重』につなげない」 ▼専門家からのアドバイス — 「表面はおだやか、内面は激しい性格。母親関係が与える影響が大きい」

健康な子ども。

全文を紹介したいのですが、かなりの量になりますので要点のみとなりました。「健康な子ども」は、養護の先生にむけて発売されている月刊誌です。詳しくお読みになりたい方は、本誌の編集室(075-221-0331)までお問い合わせください。

2019.04.17  著者:福田俊一 増井昌美

シリーズ記事

2019.12.20

1.ゲーム依存に関して所長の福田がTV出演しました

NHKよりゲーム依存に関して所長の福田が取材を受け、11月27日(水)夕方のニュースに福田のコメントが放送されました。 また、12月3日(火)は毎日放送「ミント」に出演しました。 子どもがゲームを長時間する場合、親子でル […]

2.朝日放送「NEWS ゆう」出演(03.02.12)

2003年2月12日朝日放送報道番組「NEWSゆう」に出演しました。 ゆう特集「人身事故対策に苦悩するJRの試み」に専門家の意見として取材を受けました。

3.日経新聞に、当センターの取材記事が掲載される「子育ては やり直せる」

「不惑の肖像」 — 耳をすませば –5:子育てはやり直せる 上記タイトルに関して、日本経済新聞・大阪本社の山本氏が来所されました。本誌連載「不惑の肖像」の取材です。当センターでの取材記事をはじめ、 […]

4.不登校ガイドブック「プロン・トン・トン」に、当センターが紹介される(M)

不登校をキーワードに、子育てを考える本『プロン・トン・トン』(ゆっくりしーや)の2号が送られてきました。この本は「親子支援ネットワークあんだんて」(代表福本早穂)が、定期的に発行している本です。不登校やその他の症状を、家 […]

5.別冊PHPに掲載:特集「子どものキズついた心をいやす家族の役割」

アッという間に夏が過ぎました。朝夕が涼しくなり空の色も雲の動きも秋らしくなってきました。でも日中はまだまだ暑いですね。タオル片手に出勤している人たちをよく見かけます。 その暑い夏の8月号に、淀屋橋の記事が掲載されました。 […]

6.養護教諭の月刊誌「健康な子ども」(2004年1月号)に淀屋橋の記事が掲載される

特集養護教諭の仕事Q&A 「今、いちばん知っておきたいこと」 「健康な子ども」は、京都発「生活医学研究所」が発行している養護教諭むけの月刊誌です。編集長の安見氏より、養護の先生からよく出される質問(Q)に回答をとの執筆依 […]

2016.09.06

7.関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」に家庭内暴力の件で取材を受けました。

2016年8月25日(木)関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」の「イマ知り!」というコーナーで”母親に暴力をふるう娘 毒娘”というテーマで取材を受け、当センター所長の福田のコメントが放送されました。

2017.09.11

8.関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」のニュースコーナーで「何が 船員実習生の自殺・失踪 相次ぐ」の件で取材を受けました。

2017年8月31日(木)関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー 」のニュースコーナーで「何が 船員実習生の自殺・失踪 相次ぐ」というラインナップで取材を受け、当センター所長の福田のコメントが放送されました。

2012.05.15

9.「見落とさないで!子どものストレスサイン」edu 2012年6月号

小学館が出している子育て雑誌「edu」6月号(2012)に、淀屋橋心理療法センターが取材をうけ、その記事が掲載されました。 【見落とさないで、子どものストレス】 「普段の様子と何か違う」・・・そこにストレスサインが隠れて […]

2016.01.19

10.NTTドコモ「ママテナ」より取材を受け、摂食障害の記事が掲載されました。

NTTドコモ「dメニュー」のコンテンツ「ママテナ」より摂食障害について淀屋橋心理療法センター所長の福田が取材を受けました。その記事は3回に分けて掲載されました。 12/31 「摂食障害」が子どもにも増えている!? mam […]

関連記事

過食症と拒食症:平成14年01月26日 北海道新聞

過食症と拒食症:平成14年01月26日 北海道新聞

からだの科学 心身症のすべて

日本評論社 1800円(税込) 2007年8月1日 「からだの科学心身症のすべて」 内容紹介 PART4. 心身症を治す 家族療法 家族療法の歴史とその有効性 家族療法でわかる家族の文化や特徴 淀屋橋心理療法センターの家 […]

良い子の胸中:平成11年10月18日 読売新聞

良い子の胸中:平成11年10月18日 読売新聞

コラム一覧へ