「女性セブン」2005.6.30日号に登場『友だち母娘 – ガラスの絆』

女性セブンの編集者である三谷さんが、先週来所されました。汗をふきふき「急な取材で申し訳ありません。実は来週の木曜日には発売の予定なもので」と。当センターからは福田所長と増井が取材に対応しました。ゲラの校正では、締め切りまぎわ後何分というところまで、文章の打ち合わせが続きました。「女性セブン05.6.30号」に掲載された内容をかいつまんでお話しましょう。

*****「女性セブン」友だち母娘 – ガラスの絆*****(本誌より抜粋、要約)

—聖子・SAYAKAも迎えた18年めの決裂。服もオソロ。 おしゃれも恋バナも「ママが一番わかってる」はずだったのに —

「何でも相談してほしいし、嘘をついてほしくない。どうしたら、そういう友だちみたいな親子になれますか?」最近そう尋ねる母親がとても多いのだという。少子化、核家族という時代の流れのなかで、親のあり方も様変わりしている。おそろいの服を着て一緒に買い物に行き、娘は恋の話を母に打ち明け、母は娘の彼氏の写真を自分の友だちと品評し合う。このほほえましくうらやましいような関係が、とても危うく、もろいものだということに彼女たちは気づいていない。

●本誌より抜粋(1)「・・・友だち母娘を目指す母親の願いの裏には、しかし子どもへの支配欲が隠れていることもある。家族療法専門機関『淀屋橋心理療法センター』の所長・福田俊一氏とファミリーセラピストの増井昌美氏によれば、友だち母娘はだいたいふたつのパターンに分かれるという。ひとつは、口うるさいほど指示を出す、母親が采配しずぎの仲良し母娘で、松田聖子の場合もこのパターンではないかというのだ。「娘が中学生になり成長してくると自我が芽生え、反抗期にはいる。それがなかなか母親には感じられない。自分と娘はすごく仲良しだし、自分のいうことは素直に聞いてくれるという過信があるから。長引いたりこじれたりすると、不登校や引きこもりにもつながりやすいんです」。

●本誌より抜粋(2)「・・・娘の自我の芽生えを認めたくない母。それに対して前出・福田氏はこうアドバイスする。『これまで、”はい”といっていた子どもが、”ほっといて”と言うようになった。でもその言葉が、本来持っていたその子らしさだったりする。この子はこういう気むずかしさを持っていたんだ、こういうことが許せない子だったんだ、とわが子の再発見につながればいいのですが。親が子どものことを知ると、その子の潜在能力自体が発揮できるようになるんです』」

●本誌より抜粋(3)「・・・一方前出の”叱れない”タイプの友だち親子も目立つ。「母親が子どものいうことばかり聞いて甘やかし、ケンカもできない。何も叱らず、子どもと親とのボーダーラインもなくなり、ご機嫌伺いをして、言うことばかり聞くという過保護ですね」(前出・福田氏)

●本誌より抜粋(4)「そもそも親子の絆は格闘しながらでなければ作れないものだと、福田氏も強調する。本来、母と娘というのはそんなにすんなりいくはずがない。それが友だちのようにいっているのは、問題点が表に出ていなくてうまくいってると錯覚してるだけ。関係がうまく行かなくなったときは案外もろい。ケンカしたり仲直りしたり、一緒に泣いて笑ってという風雪に耐えてこそ、本当の絆が生まれるものなんです」

2019.04.17  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》福田俊一

               

記事内容の監修医師

淀屋橋心理療法センターの所長 福田 俊一

淀屋橋心理療法センター所長 福田 俊一

  • 医師。精神科医。淀屋橋心理療法センターの所長であり創業者。
  • 日本の実践的家族療法の草分け的存在。
  • 初めて家族療法専門機関を日本で設立し、実践、技法の開発、家族療法家の育成に貢献した。
  • その後は、摂食障害、不登校、ひきこもり、うつ、家庭内暴力(子から親へ)、リストカット等の家族療法の開発に尽力している。
  • 著書多数。

シリーズ記事

2016.03.23

1.NTTドコモ「ママテナ」より「環境の変化に弱い子」への接し方について取材を受けました。

NTTドコモ「dメニュー」のコンテンツ「ママテナ」に今回は「環境の変化に弱い子」への接し方について淀屋橋心理療法センター所長の福田が取材を受け、3回に分けて記事が掲載されました。今年1月には摂食障害についての記事が掲載さ […]

2016.05.16

2.NTTドコモ「ママテナ」より「五月病」について取材を受けました。

NTTドコモ「dメニュー」のコンテンツ「ママテナ」に今回は「五月病」について淀屋橋心理療法センター所長の福田が取材を受け、3回に分けて記事が掲載されました。今年1月には「摂食障害」、3月には「環境の変化に弱い子への接し方 […]

2016.09.06

3.CBCテレビの「ゴゴスマ」にひきこもり・ネット依存の件で出演

2015年9月2日(水)名古屋のCBCテレビの番組「ゴゴスマ」に当センター所長の福田が出演しました。19才のひきこもりの息子さんのお母さんと生放送で電話を繋いでご相談に乗るというコーナーでした。

2016.09.14

4.NTTドコモ「ママテナ」より「愛着障害」について取材を受けました。

NTTドコモ「dメニュー」のコンテンツ「ママテナ」に今回は「愛着障害」について淀屋橋心理療法センター所長の福田が取材を受け、3回に分けて記事が掲載されました。今年1月には「摂食障害」、3月には「環境の変化に弱い子への接し […]

5.(後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集

まず『対人緊張』の症状をとりあげ、ご紹介します。 最近じわじわとケース数が増えています。これらの症状は、比較的若い人たちに良く見られます。単独でみられることもありますが、不登校や過食症・拒食症が長引くかげで、並行してでて […]

6.「PLASMA」(2002.nov)に、拒食症、過食症についてティーンズへのアドバイスを

これからますます拒食症、過食症は増えていく 中学・高校生向けの心身の健康をめざす月刊誌「PLASMA」(芸術生活社)から取材をうけた。若い20才代の女性を中心に発症しやすかった摂食障害だが、だんだん年齢層が下がりつつある […]

7.「テレビドクター」に出演

今週の日曜日(05/11/13)から3回連続で読売テレビの「 テレビドクター」という早朝の番組に、福田が出演します。よろしければご覧ください。 テレビドクター 毎週日曜日AM6:15~6:30放送 <字幕放送あり> 11 […]

8.「みんなおおきくなあれ!じゃんぷ」6月号に取材記事が載る(M)

小特集【私のストレスー心のモヤモヤ、イライラ・・・みんなどう解消してる?】32p 5ー6才児の子どもをもつママさんむけの冊子です。ストレス解消のアイデアについて取材を受けました。内容を抜粋しながら紹介しましょう。 ストレ […]

9.「健康な子ども」掲載の「本プレゼント企画」に多数の応募者が

「健康な子ども」は、養護の先生に向けて出されている全国的に人気のある月刊誌です。その12月号に当センター刊行の本『過食症と拒食症』(星和書店)のプレゼント企画を掲載していただいたことは、11月にお話しました。出版元の日本 […]

10.「女性セブン」2005.6.30日号に登場『友だち母娘 – ガラスの絆』

女性セブンの編集者である三谷さんが、先週来所されました。汗をふきふき「急な取材で申し訳ありません。実は来週の木曜日には発売の予定なもので」と。当センターからは福田所長と増井が取材に対応しました。ゲラの校正では、締め切りま […]

関連記事

サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について

わが子が「ニート」にならないために サンケイリビングの相良記者より、上記のタイトルで取材を受けました。次に紹介するのは、紙面上に掲載された記事です。一般的な「ニート」へのとらえ方が書かれているようです。ここに少し紹介しま […]

講演 平成07年

平成07年01月 住吉高校カウンセリング講座「不登校についてー先生の役割」 平成07年03月 箕面市訪問看護婦研修会「カウンセリングの技術」–よい聞き手になるために 長瀬産業株式会社「最近の心の病の実態とその […]

ポプラディア サムズ vol.1 意外と知らないうちの子のレベル

ポプラ社 580円(税込) 2007年9月 「ポプラディア サムズ vol.1 意外と知らないうちの子のレベル」 内容紹介 月刊ポプラディア11月号増刊―ポプラディア サムズ よその子より上か下か? 意外と知らないうちの […]

記事一覧へ