【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で

4月の新学期はクラス替えの時期。クラスメートは元より、担任の先生も替わるのが一般的な上、始業式までは「クラスメートは誰が一緒か・新担任は誰か」というのも教えてもらえません。

不登校の本人は「クラスメート」も「新担任」も両方が気になるところでしょう。一方、親にとってもクラスメートは気になるものの、「新しい担任」はいっそう気になるものです。それは「子どもの事情をまたイチから説明しないといけないのかしら・・・」ということです。親御さんの願いは、前の担任の先生から「昨年度の登校状況や本人の情報や性格」などをなるべく細かく『引継ぎ』しておいてほしいのです。

実際には、親御さんに対して「引継ぎ」をうけている先生と、イチから「何で(学校に)来れないのですか?」という先生の割合は「半々」という感じでしょうか。もちろん、学校内部では引継ぎはあるものの、親御さんの手前は「引き継いでない」と話しておられる場合もあるかもしれません。

しかし、不登校のカウンセラーとして一番大事にしたいのは「親御さんのモチベーション・安心感」などです。学年が替わるたびにイチから説明しないとと考えるだけで気が重たくなってしまったり、再登校に対するモチベーションが一気に下がってしまう場合もあるのです。どれだけ細かく引き継いでおられるかは別としても「去年の担任から聞いてますよー」という一言があるだけで安心して、「よし、今年もがんばろー」という親御さんも多いのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

2016年4月13日

【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で

4月の新学期はクラス替えで担任の先生も替わるのが一般的ですが、親御さんの願いは、前の担任の先生から昨年度の登校状況や本人の情報や性格などをなるべく細かく引継ぎしておいてほしいのです。不登校のカウンセラーとして一番大事にしたいのは、親御さんのモチベーション・安心感などです。

  1. 【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」