2.「親のお金をぬすむなんて、とても理解できないわ」と、お母さんのショック

過食症の子どもについては、「親のお金を盗む」という理解できない行動にでることがあります。しかしこれも食べたくてたまらない衝動がなせる技であることが多いのです。頭ごなしに叱らずに、理解の気持ちをもって、話し合えるといいですね。

1)「あら、私の貯金箱、どこへいったのかしら?美穂知らない?」

「500円玉が手に入ったら貯金をする」と決めていたお母さんがいました。赤いポストの貯金箱で、「ずいぶんたまったなー。いくらぐらいあるかな。楽しみだわ」と、手にとってはその重さがうれしくて。ところがある日そのポストが見あたりません。「あれ、どこへ行ったのかしら!?どこかに置き忘れたのかな」と、思いながら忙しさに探すのを後回しにしていました。

「美穂ちゃん、おかあさんのポスト知らない?500円玉貯金してたでしょ、あれよ」「えー、そんなもん、知らないよ」「えー、知らないってことないでしょ。あの赤いポストのよ」「知らないったら知らないよ!」。

こんなやり取りがあってしばらくして、今度はお父さんから声があがりました。「おーい、母さん、俺の背広の内ポケットから、お金ちょいどりしなかったか?」「なーに、人聞きの悪いこといわないでよ。ちょいどりですって?そんなことするわけないでしょ」。

2)さわがず落ち着いて状況を見極めましょう

過食症の子どもを持つ家庭では、「お金がなくなる」ということがときどきあります。そんな大きな額のお金ではないのですが、ちょこちょこあると親としてほっておけません。でも大声をあげて犯人さがしをするのは、すこし待ちましょう。

過食症の子どもが、食べたくてたまらずつい親のお金にてを付けるということがあります。食欲にスイッチが入ってしまって、食べたくてたまらなくなるともう理性ははたらきません。食べ物を求めて家中あちこち探しまわります。食べる物がなかったら買いに走ってでも食欲を満たそうと必死です。そのとき買うお金がなかったらどうする?我慢することができず、目についた貯金箱や背広のポケットのお金に手がのびることもあるのです。

3)ピンチをチャンスに・・・過食症の費用について話し合うチャンス

「うちの子がお金をぬすんだりするなんて」と、母親の嘆きをなんどか聞いたことがあります。しかし過食症の子どもの気持ちもしっかりと聞いてあげましょう。親子で過食症について本音で話し合う良い機会だととらえて。

落ち着いて問うていくと、子どもも観念したように話しだすことがよくあります。「食べたくて食べたくて、がまんできなかったの」と、涙をこぼしながら正直に話す子もいます。そんなときは「そうか、つらかったんやね。わかったよ」と、理解を示す言葉をかけてあげましょう。落ち着いて話しかけてもらうと、子どもはたいていポツポツとでも本音を話しだすことがよくあります。親のお金に手をだすほどまで、過食症の衝動が迫ってきていることに気がついてあげましょう。過食の費用としていくらか別に渡す必要があるのか、お小遣いの値上げですむのか。親子で過食症について、本音で話し合う機会がやってきたととらえて、落ち着いて話し合うことが大切です。

しかし中には親が甘い顔をすると、どんどんエスカレートする子どももいます。そんなときには、ピシッ!と叱らないといけない時もあります。

それでも良い対策がとれない場合は、摂食障害の専門家に相談しましょう。しろうと判断で取り組んでいると、症状がこじれていく恐れがあります。専門家を交えた何らかの対策が必要です。常識や正論でかたづけようとしても、症状は良くなりません。摂食障害の専門家に相談しながら、一番いい手だてをみつけていくことが症状がこじれない秘訣です。

関連記事

2014.09.24

【質問4】拒食症の娘を「わがままや」と決めつける父親に困っている母親(D子20才 拒食症歴4年)

【質問の目次】 少し食べられるようになり、体重も安定してきた拒食症のD子さんだったのに 拒食症の娘を、「好きな物しか食べないのはわがままや」と父親は決めつけて 【答えの目次】 「また拒食に逆戻り」に母親は落胆、でも父親も […]

2013.12.03

受験生のネットゲーム依存で(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがいと言われたC君は大事な高校受験の時期なのに友達とネットゲームを始めたそうです。「何故今なの」と親御さんのイライラは募るばかりです。 受験が終わればすればいいけどそれまでは勉強に集中してほしいのにネットゲーム […]

男性の摂食障害 男性も「太りたくない」気持ちからダイエットにはまる

さっぱりとしたスポーツマンタイプの彼が過食症 3ヶ月で10Kg減量に成功 小学生からぽちゃっとした体型だった。中学になって、それが気になりだしたという。陸上競技部にはいって、必死で走って走って。3ヶ月で10Kg減量した。 […]

シリーズ記事

2012.10.18

1.1.「話のさいちゅう、急に黙り込んでしまって」….過食症の人によくあること

急に黙り込んでしまったり、不機嫌になったり 過食症の娘さんをもつお母さんから、「いっしょに楽しく話をしてると思ったら、子どもが急に黙り込んでしまうことがあって。私が何か気に障ること言ったかと心配になって。どうしてこんなこ […]

2012.10.22

2.2.「親のお金をぬすむなんて、とても理解できないわ」と、お母さんのショック

過食症の子どもについては、「親のお金を盗む」という理解できない行動にでることがあります。しかしこれも食べたくてたまらない衝動がなせる技であることが多いのです。頭ごなしに叱らずに、理解の気持ちをもって、話し合えるといいです […]

2012.11.22

3.3.過食症の人は迷いやすいので、何事にも時間がかかってしまうことがよくあります。

■過食症の人のなかには迷いやすく、時間がかかる人が多い 「どの洋服をえらんだらいいかわからない。いつも時間ばっかりかかってしまうの」 舞子さんはお母さんと洋服を買いに出かけました。いっぱいお店をまわってもなかなか決められ […]

2012.12.03

4.4.「ガンコ者はきらわれるよ、なんど言っても変えようとしないガンコな子なんです。困ってしまいます」とお母さん

■「ガンコ」は摂食障害にかかった人によくみられる性格の一つです。「うちの子はガンコで困ります」という親御さんの声はよく聞かれます。はたしてこの「ガンコ」は、ほんとうに困った性格なのでしょうか?決してそうではないという事実 […]

2013.04.10

5.5.食べ物への「こだわり」が強くて。カロリーやグラムにも「こだわり」が。みそ汁の具で母親と大げんかになった恵子さん。

過食症の人のほとんどが食べ物のもつカロリーや重さ(グラム)にこだわります。お腹が減って食べ物を前にしても「食べたい、いや太るからだめ」と、こんなせめぎ合いがぐるぐると頭の中を駆けめぐっています。「太る=醜い、やせる=美し […]

コラム一覧へ