【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!

中学生・高校生の非行問題で悩んでおられる親御さんにとって、まず何よりも先に解決したいのは「不良仲間との縁を切らせること」ではないでしょうか。

「もともとは真面目な子だったのに、あの不良の子たちのせいで勉強に手がつかなくなった・・」「いつも溜まり場になっている家は親が放任主義。そこで何をしているやら・・」「ボス格の子が近所でも評判の悪い子。あの子のせいで深夜徘徊やタバコまで・・」

非行の子には「不良仲間」がつきもの。しかし、真っ先に「不良仲間との縁を切らせよう」に重点において対応すると、なかなかうまくいきません。本人の猛反発にあったり、かえって不良仲間の方に気持ちが向いてしまうなど、思ったようには親の努力が報われにくいのです。また、たとえ不良仲間との縁がなんとか切れたとしても、手放しでは喜べないこともしばしばです。非行の子は次から次に「新たな居場所(=他の不良仲間)」を見つけてきたりするのです。もし、その不良仲間が前の不良たちよりもいっそうタチの悪い子だったら・・。

実は、「どこから手を入れるか(とりかかるか)」は、非行問題の解決においてとても重要なのです。当センター非行のカウンセリングにも、同じような苦い経験をしてこられた親御さんがたくさんこられています。

もちろん「不良仲間との縁を・・」という「目標」はそのままで良いのです。「その前に何をしておくべきか」。非行のカウンセリングでも「目標」と同時に「優先順位」をも視野に入れて対応していった方が効果が上がっています。

関連記事

子育て関連編:片づけをしない

「片づけなさい。晩ごはんやで」ゆうのに、もうぜんせんかたづけへんのです。疲れはてた表情でお母さんが話されました。「くまさん、ねむたくないって。かたづけるのいやや」とか。子どもが気ままばっかり言うから私もかちんときてね、「 […]

2013.12.05

【不登校】朝に腹痛や頭痛を訴えて学校を休む子(心身症タイプの不登校)

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは、いろいろなタイプの不登校の解決のお手伝いをしています。その中で「朝になると腹痛や頭痛を訴えて登校できなくなる」という「身体に何らかの症状が現れる子」のご相談はとても多いのです。 […]

症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

シリーズ記事

2014.10.28

1.【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!

中学生・高校生の非行問題で悩んでおられる親御さんにとって、まず何よりも先に解決したいのは「不良仲間との縁を切らせること」ではないでしょうか。 「もともとは真面目な子だったのに、あの不良の子たちのせいで勉強に手がつかなくな […]

コラム一覧へ