癇癪(かんしゃく)持ちの子どもは、将来生きるのが大変か

癇癪(かんしゃく)について
様々な不安を抱えているお父さん、お母さん

*なかなか治らない子どものかんしゃく
*激しいかんしゃくをもった子どもの将来

「かんしゃくは変わらない、治らない」
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

専門家からも、そのような意見を聞くことがあるかもしれません。

確かに、かんしゃくを起こしやすい気質はなかなか変わらないと思います。
しかし、かんしゃくを上手く乗りこなせるように成長することは、難しくありません。

すなわち、かんしゃく持ちのお子さんが、落ち着く方法はあるのです。

それはなにか「魔法の言葉がけ」で変わるようなものではありませんし、
かんしゃくを無理やり抑え込もうとすることでもありません。

むしろ、かんしゃくを起こすお子さんの心や行動を受け入れ、
栄養・水・お日様をたっぷり与えるようにお子さんの心を育てることによって、
お子さんの良い持ち味をグーーン!と大きく伸ばすのです。

そうする事により、お子さんのかんしゃくを大きく和らげることができるのです。

お子さんの性格も、かんしゃくの度合いや理由も、一人ひとり違います。
その子に適した接し方を探り出し、コツコツ粘り強い対応をすることが大切で、
親御さんが、お子さんに対してピッタリ合った関りかたが出来るようになると、
普通数か月で激しいかんしゃくは治まっていくでしょう。

先ほどもお伝えしましたように、かんしゃくを起こしやすい気質は変わらないと思いますが、
かんしゃくを起こしたくなる衝動の波をうまく乗りこなせるように成長することができるのです。

「かつて、親御さんをノックアウトしてしまうほどかんしゃくがひどく、自分自身も生きにくいと感じていたお子さんが、それを乗り越えて、どっしり太い大木のような心になっていく」

その経験は、将来お子さんが成長し、学校生活や社会生活を送るようになる上で、とても役に立つものとなるはずです。

今日、世の中の変化はめまぐるしく、日々新しい何かに追いかけられていると感じるかたも多いと思います。
複雑化される情報や様々な人間関係などで、お子さん(もちろん親御さんも)の心は常に刺激されているような状態にもなりかねません。

そんなとき、かんしゃくを乗り越えた という経験があるお子さんは、とても強いのです。

ですから、あなたのお子さんがかんしゃくをもっていることを悲観的に思うことは少しもありません。

かんしゃくもちのお子さんが、その経験を乗り越え成長できる機会があるということは、むしろ大きなチャンスなのです。

※知的能力障害につきましてはケースバイケースですので、ご相談ください。

2021.07.16  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》湯浅愛美

シリーズ記事

シリーズ記事は見つかりませんでした。

関連記事

2021.02.19

お母さんをノックアウトしてしまうほどの癇癪(かんしゃく)

世の中には、想像もつかないほど激しい“かんしゃくスイッチ”を抱えた子供達がいます。“かんしゃくスイッチ”の入ったお子さんは、実のお母さんでも精神的に参ってしまうほどに激しく、手をつける事ができないことがあります。 小学校 […]

2021.06.16

癇癪(かんしゃく)持ちの子どもの「対応」と「将来」

かんしゃくは親のせい?それとも、もともと持った子どもの性格? ある程度年齢が大きくなれば自然と治まるものと思っていたのに… 子どもが可愛くないと思ってしまう私はおかしいのかな。 このままかんしゃくが治らなかったら、この子 […]

記事一覧へ