家族システム論1

家族療法家は症状を背負った子どもをみる場合、家族が問題らしいということ、奇妙なこと、興味深いこと、その他非常に大事なこと等さまざま気がついていました。しかし、残念ながら家族療法家は長い間認められるということがなかったのです。それは、やはり家族を扱うという技術が大変むずかしく、治療を成功に導くことが最初のうちはできなかったという理由からきています。面接の場で、治療者自身が家族に巻き込まれてしまい、何が何やらわからないという状態陥ることがよくあります。それぐらい家族というのは中へ入りますと混沌としたものをもっています。

そういう意味で、家族療法は最初は失敗の連続でした。ここが問題だということはよくわかっているけれど、それをどうしたら良いのかわからない。自分の思うとおりやっても全然思うようにいかない。たとえば、家族のコミュニケーションが問題だと思って治療者は家族の人たちがいろいろ話し合えるようにもっていきます。家族がニコニコ話し合う。お父さん、お母さん、子どもさんが仲良く和気あいあいと話している。「よし、これでコミュニケーションはうまくいった、バンザイだ」と思っていたら、次の面接に来られた時に「また悪くなりました」というようなこともあったりするわけです。単にコミュニケーションがうまくいったから、治療が成功したというわけではやっぱりないんです。もう少し深いところに入り込まないといけないんでしょうか。

そういう家族療法で四苦八苦していた頃、1950年、60年、70年代ぐらいからぼつぼつと「家族システム論」という考え方が進んできました。家族療法は「家族システム論」が見つかり、そういう考え方が生まれて初めて家族を効果的に援助できる形になったわけです。それまでは家族で集まるということはむしろ有害であると考えられていました。むしろ、個人個人にとって自分の人生をどう生きていくか、今の自分の前にある問題をどう解決していくか、その方が大事なんだという考え方が主流を占めていました。

これにはそれなりの理由があるということで、もっともなことです。やはり人間の考え方というのも、技術の発展とともに変化しています。産業革命の後に技術が進歩し、それに合った考え方が進んできました。家族療法の分野でもこれと同じことがいえます。家族を扱ってどうもうまく解決できないという時には個人を対象に考えていたが、家族全員のことがうまく扱えるようになると問題ではないかというような思想が出てきました。個人個人の問題もあるけれど、むしろ家族全体のかかわり合いが子どもの症状に大きな影響を及ぼしている。ここを解決することができればかなり早く、かなりすきっと様々な情緒障害の問題が解決できるんじゃないか、という考え方に変わってきました。あるいは、解決できるという報告が1970年代の後半から続々と発表されだしました。今では家族療法関係の本はアメリカでは一つの本棚におさまらないぐらいにたくさん出ています。

次に、その家族システム論というのはどういうことかというお話をしましょう。端的に言うならば、家族は一つの顔をもっているという事です。お父さんの顔、お母さんの顔、子どもの顔、それぞれ違いますが、家族全員が寄り集まった時に見える顔は、それとはまた違います。日本でもよく言いますね。「夫婦は『1+1=2』ではない」と、あれです。日本には家族を全体としてとらえるという思想がすでにあったわけです。家族一人一人を足してそれぞれの性格がこうだから、この家族はこういう家族だということは言えないんです。たとえば、お母さんはA型だからこういう人、お父さんはB型だからこういう人、子どもはO型だからこういう人、それを全部足すとA+B+O=ABOだから、この家族はABO家族だということが言えないんです。それはなぜか。実は、お父さんにしても変わるのです。ある大きな会社の事業部長さんで、いろんなことをバリバリこなしてきました。組織を動かすことなんかはお手のものです。部下のカウンセリング、まかせなさい。そういう方なんですが、いざ家に帰って息子さんの前にでるとまったく無力になってしまいます。

関連記事

2014.11.18

うつや適応障害で休職された方の職場復帰

うつや適応障害で休職していた人が職場へ復帰する時に、どれくらい頑張れるか「試験運転」ができたら良いのにな、と思う事がよくあります。 最近はそういう事ができる事業所も増えてきました。最初は午前中のみ週2回出勤して、翌週は週 […]

2004.01.13

新年の抱負

明けましておめでとうございます。2003年は20周年を迎えこの20年の方向が大筋では間違ってなかったことを確認でき、我々の自信に繋がる良い年になりました。 多くの専門家のドクターからクライアントをご紹介いただいたり、また […]

2018.06.27

小学生の不登校T君 ここまで考えられる

小学6年生不登校のT君はつぶやきました。「お母さん、オレ考えすぎるところがあるから、あかんのやろな」まさにT君の状況はそんな感じでした。 小学生でこれ程自分を客観的に的確に見る事ができる子は珍しいと思いました。それがわか […]

シリーズ記事

1.家族ぐるみの治療をめざして1

淀屋橋心理療法センター所長の福田です。まずは、私がどうして「家族」ということに興味をもち始めたかというお話からさせていただきます。 今から18年ほど前、私は大阪のある総合病院の精神科に勤めておりました。そこには思春期の子 […]

2.家族ぐるみの治療をめざして2

まずは、子どもに向かって「君ね、このあいだ言ってたけど、あれはすごく大事なことのようやな。お父さんに言いたい気もちあったな。あれ、ここでちょっと話してみないか」と水を向けます。私の希望としては、ここで勇気をだして普段言え […]

3.家族システム論1

家族療法家は症状を背負った子どもをみる場合、家族が問題らしいということ、奇妙なこと、興味深いこと、その他非常に大事なこと等さまざま気がついていました。しかし、残念ながら家族療法家は長い間認められるということがなかったので […]

4.家族システム論2

これはどういうことでしょうか。技術はあるんです、見る目もあるんです。しかし、自分の息子に出会ったときにはまったく無力になるる恐ろしいことですね。これは、その人がその場に影響されていると言えます。どこの場にいるかということ […]

5.「家族」をあつかう難しさ1

他にもいろんな症例があります。たとえば42才の強迫神経症の男性ですが、これまで一度も職についたことがなく、自分の手がきれいか汚いか、ただそれだけを考えてきたような人です。20才過ぎから現在まで朝起きたときから顔を洗うまで […]

6.「家族」をあつかう難しさ2

そのころ私は、いろんな人が勇気をもって語り合えば、ずいぶん人生が開けてくるという考えをもっておりましたので、お父さんがこられたとき次のように言いました。「よく来て下さいました。息子さんはお父さんに対して複雑な気持ちをもっ […]

コラム一覧へ