所長・医師 福田俊一

所長・医師 福田俊一

淀屋橋心理療法センターの所長で精神科医の福田のコーナーです。

代表者 福田俊一(ふくだしゅんいち)

1975年
大阪大学医学部卒。
大阪大学精神神経科、大阪府立病院神経科にて精神医療に取り組む。
1981年
米国フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニック(P.C.G.C.)にて家族療法をS.ミニューチンに師事。
1982年
住友病院心療内科、大阪厚生年金病院神経科、大阪市立小児保健センター精神科に勤務。
1983年
淀屋橋心理療法センターを開設(大阪市中央区北浜 = 淀屋橋)。
1984~
1986年
厚生省・神経性食思不振症調査研究班メンバー
1993年
設立十周年を機に、淀屋橋心理療法センターを移転(大阪府豊中市・緑地公園)。現在に至る。
2003年
大阪大学医学部非常勤講師

精神科医日記 …51

読者の皆さまへお伝えしたいこと

この精神科医日記のコーナーは、クライエントや家族の人たち、それに講演などで見せる表の顔とは少し違う精神科医の心のひだをお見せするのも悪くないかもと思ってはじめました。したがって全ての人たちに対して配慮していくというよりも、言い過ぎや未熟な偏見もまじるかと思いますが、その点は含んでお読みください。

(01.09.05)

カウンセリング中のちょっといい話 …7

淀屋橋心理療法センターに持ち込まれる相談は、それぞれ本人や家族の方がとても悩んでおられることばかりです。にっちもさっちもいかないこと、不信感、不安、焦り、言い出したらきりがありません。

カウンセリングがスタートした頃には明るい材料は見当たりませんが、しかし、その中でコツコツと努力してもらっていると、いろいろ良い変化が起こってきたり、ちょっと良い話もあります。

そういうものを少しずつ書いていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」