立ち直りのきっかけは、すぐそばにある

ほんのちょとした良いことが積み重なって、大きな力に

失業率は5%を越えて、最悪の日本経済で・・・読むのも気が滅入る新聞記事の第一面である。こんな状況でもめげずにいろんな企業に応募している男性(森さん仮名、45才)がいる。森さんが家族にともなわれて来所したのは約一年前。リストらの対象となり職を失ってパニック障害におちいった。すったもんだの末にようやく来所を承諾したようだ。

電気器機メーカーの営業マンとして一筋に働いてきた。それなりに実績もあげ、得意先での評判もよかった。部下の指導も落ち度があったとは思えない。上司への根回しだってーー。どれをとってみても自分がリストラにあうとは夢にも思っていなかった。誠実でまじめ一筋、一生懸命会社ために働いてきたこの俺が、なんで首にならんとあかんのや。納得のいかない森さんは、そのご憤懣やるかたない日々をすごしてきた。

カウンセリングをスタートしたころの様子が思い出される。妻と両親のあいだで、食ってかかるような口調で話す森さん。「あいつが悪いんや。あいつが俺のこと悪くゆうたんや」「俺のどこがいかんかったんや。書類の数字がまちごーとっただけやないか」。かと思うと「もうあかんわ。俺、値打ちないねんな。死んだほうがましや」「だるーて、しんどうて。なんもやる気ないわ」といった絶望発言がでる。感情のアップダウンが激しく目を離せない状態であった。

今、目の前で力強い声で話す森さんはほんの一年前の彼と同一人物とはとても思えない。一回一回のカウンセリングで、森さんの混乱した言い分を受け止めてきた。そして本人が納得いくまで話し合った。具体的で小さなアドバイスを積み重ねてきた。その成果が実を結び、しっかりと立ち直ってきたのだ。そのきっかけはなんだったんだろう。一年にわたるカウンセリングを経て、彼は自信をもってこう話せるようになった。ちょっと彼の話しに耳を傾けてみよう。

「ほんのちょっとした良いこと、その積み重ねを力にしていけるかいけんかやね」。小さな良いこととは?「生活の中でもようけあります。子どもが運動会で一等になったとか。妻が『おばあちゃん元気になったって電話くれはったわ』と、ゆうたこととか。庭に種まいてた矢車草が咲き始めたとか。こんなことでも、自分にとって『あー、ええこといっぱいあるやん。がんばろう』って思えるんや。まず大事なんは、それらを『小さくても良いことだと気づく自分』がいることやね。その自分がおらへんかったら、どんなこともキャッチできひんでしょう。これがまずカウンセリングのなかで気づいた大事なことの一つやな」。

「おーい、矢車草咲き出したぞ」ゆうて、祐子(妻)に声かけたら、飛んできて「やーほんま、きれいやね」ゆうて。むちゃ幸せ感じたな。以前会社人間やったころ、仕事で充実してるような気はしてたけど、こんな幸せ感じたことはなかったな。祐子との間も最近ほんまに本音で話し合えるようになってきたし。

一つええことがあったら、二つ目も三つ目もええことおこるんやなって信じられるようになてきた。社会の方に目を向けても、以前やったら恨み辛みをぶちまけるか、くらーい気もちになって落ち込むかやった。けどこのごろは今まで自分が押し殺してきたもんや、潰されてきたもんや、壊されてきたもん、全てが一つになって原動力に変わっていく自分を感じてるんです。えらそうなことはまだ言えへんけど、僕みたいになって悩んでいる人らに言いたい。「落ち込んでても負けたらあかん。あきらめたらあかん。かならず転換期がやってくる。それがいつかはその人によって違うけど。そのきっかけは自分の周りに起こる小さな良いことに気づいて、それを一つ一つ積み重ねていくことや。いつかきっと大きな力になってることに気づくやろ」。

関連記事

2012.03.12

ニートの相談で アスペルガー(発達しょうがい)

25才の息子さんの相談に来られました。大学は卒業されましたが就職できず今はニートの状態だそうです。 「息子はとても真面目だし勉強も出来たし、特にPCは昔からのめり込んでいて専門的な知識も豊富なので就職には困らないだろうと […]

紹介の仕方一つで親御さんの動機づけがこんなにも違ってきます

紹介の仕方一つで親御さんの動機づけがこんなにも違ってきます ある日のこと、午前中にAさん、午後にBさんがそれぞれ不登校の相談にこられました(事前相談)。どちらの方も学校の先生からの紹介でお母さんお一人の来所でした。カウン […]

2009.10.06

さみだれ不登校

学校に行ったり休んだりを繰り返す、いわゆる「五月雨(さみだれ)不登校」は、全く行かなくなった「完全不登校」と比べると安定登校(再登校)までのスピードが全くといって良いほど違います。 一番の決め手は、たとえ週に一回でも月に […]

シリーズ記事

1.性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(商事会社勤務、45才男)

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい 面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。 「電話受け付け表はどこかな […]

2.病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望 Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾 […]

3.立ち直りのきっかけは、すぐそばにある

ほんのちょとした良いことが積み重なって、大きな力に 失業率は5%を越えて、最悪の日本経済で・・・読むのも気が滅入る新聞記事の第一面である。こんな状況でもめげずにいろんな企業に応募している男性(森さん仮名、45才)がいる。 […]

4.一人で治したいんです(銀行勤務、28才女)

一人で頑張るのは難しい。親の助けを求めてください 順調にいってると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難 […]

5.「うつ」からの脱出に、適切な早期治療を

最近サラリーマンのうつで、とても残念に思うことがあります。それは薬をのんだり、カウンセリングを受けたり、休養したりしていても、なかなかはかばかしくなく、結局会社をやめてしまう人が多いことです。 もし早期からより適切な治療 […]

6.「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見 うつ病にみられやすい初期サイン 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」 「食欲がない」 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」 このような状態がこ […]

7.「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに 入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリングを受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピ […]

コラム一覧へ