"Helping teens who cut ".Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介)|リストカット(自傷行為) カウンセリング治療専門外来

リストカット(自傷行為) カウンセリング治療専門外来
"Helping teens who cut ".Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介)

"Helping teens who cut ".Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介)

本書の著者でありハーバード大学医学部精神科心理学の講師である Dr.Michael Hollander, phDによれば、「次にあげる6つの思い込み(Myth)に、リストカットをする本人・家族やまわりの人は陥っており、よけい実態が見えなくなっている」と言っています。

その6つの思い込みから4つをとりあげ、なぜそれが思い込みなのか、Dr.Hollander の説明に耳を傾けてみましょう。(かなり省略して要点のみを書いています)

Myth(思い込み)1:まわりの注意を引くために切る
反論:多くのケースは一年も数ヶ月も親に気づかれないように隠している。そんなケースがあるのに「まわりの注意を引くために切る」のだとは言えません。

Myth(思い込み)2:誰でもやっているから切る
反論:たしかにインターネットのサイトやリストカットをする友だちから情報を得ている人がいるのは事実です。今の文化の影響で「切るのは当たり前なんだ」という人もいます。著者の経験から自傷行為をする人というのは、感情的にきつい状態にいるといいます。専門家の助けやアドバイスを必要としています。

Myth(思い込み)3:友達もやっているから自分も切る
反論:この子が自傷行為をやめたら、しばしば新しい友達を見つけたりします。自傷行為をしない友達を。

Myth(思い込み)6:リストカットは自殺未遂である
反論:死ぬために自分を傷つけたものと、そうではない自傷行為とを前より区別できるようになっている。もちろんその区別は専門家にゆだねないといけない。

リストカットの多くはどうしようもない気持ちの持って行きどころであり、その気持ちから逃れるための手段である。自殺未遂とは異なる。多くのクライアントが「切ると楽になる」という。このことは精神科医以外の専門家も理解するようになってきている。(ただしリストカットと自殺未遂の区別は、専門家が行わなくてはならない)。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

本書の要約:福田俊一
淀屋橋心理療法センター 所長 精神科医

2011年11月17日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」