対談の目的は「治療が成果をあげること」|スタッフから

スタッフから
対談の目的は「治療が成果をあげること」

12月の全体会議でこれから「スタッフ対談」を持とうということになりました。

「治療がうまくいくためにはどうしたらいいか」という視点から、多くのテーマをとりあげていきたいと考えています。幸い当センターのスタッフはいろんな立場の人で構成されているので、いろんな角度から意見がだされるのではと期待しています。

「家族療法─エコロジカル・アプローチ」という治療方法を主流として当センターは治療を行っているのですが、それを家族のみなさんに理解していただけるように、対談をすすめていきます。

「治療が成果をあげるためには、どんなことが大切か」と考えていると、いろんなテーマが浮かんできます。まず一回目の対談は「治療間隔」です。一つのテーマを一つの文章にまとめることは難しく、一人の考えで断定しがちにもなります。いろんな角度からいろんな立場の人が、自由に意見を言えたほうがいいでしょう。こなれた内容になるものと思い対談形式をとることにしました。

今後シリーズで続きますので、乞うご期待!

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」