【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子

四月も二週目になると、すでに高校の「入学式」を済まされた子も多いことでしょう。不登校の子の親御さんにとって「高校入学」は、「願ってもないやり直しのチャンス」である一方、「高校でもまた不登校になってしまうのでは・・」と不安がぬぐえないなど様々でしょう。

それでも、なにしろ「入学式」という第一歩を踏み出してくれたとしたら、「このまま何とか卒業まで・・」と、つい期待感も生まれてしまうのではないでしょうか。

そんな中、たった一日や二、三日学校に行っただけで「やっぱりあの高校はイヤ!。やめたい!」と言い出す子がいます。親御さんが慌てて理由をきいても「とにかく合わない!」「あんなん違うねん!」と曖昧な返答しかせず、必死で説得しても「イヤや、もう通信(通信制高校)にかわる!」「やめて高認(高等学校卒業程度認定試験)とって大学いくし!」と頑なな態度を変えてくれないのです。

当センター不登校のカウンセリングにも、入学してすぐに不登校になってしまった子や、高校に入学したものの上記の事例の子と同じように、すぐに「やめたい」と言い出す子のご相談はけっこうあります。

入学してすぐに高校を嫌がる子で多いのは、「受験する高校の決め方が不本意だった」「早く友だちを作ろう・クラスで目立とうとしてテンションを上げすぎた」「期待が高すぎて、理想通りの高校でないことがわかりショックが大きかった」・・などが発端である場合が多いようです。

こんなことも、中三の時にカウンセリングに通っていただいていたら、ある程度は高校のスタートの切り方が予想できるようになります。そんな時は「こんな心配があるので、このような先手を打っておきましょう」「こうなった時はこうしましょう」といった相談が親御さんとカウンセラーとの間で事前にできることもあるのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年4月24日

【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子

不登校の子の親御さんにとって高校入学は、やり直しのチャンスである一方、高校でもまた不登校になるのではという不安がぬぐえないなど様々でしょう。そんな中、高校の入学式をおえてすぐに「高校をやめたい」と言い出す子のご相談はよくあります。中三の時にカウンセリングに通っていただいていたら、ある程度は高校のスタートが予想できるようになりますので、先手を打って対策をたてるなど事前にできることもあるのです。

  1. 【不登校】高校入学早々に「やめたい!」と言い出す子

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」