【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子

子どもさんが小さな頃から反抗的だった場合でも、親の方が力が強かったり口で言い負かせているうちは、暴力といってもせいぜい物やペットに八つ当たりする程度で済む場合が多いのではないでしょうか。

ところが、子どもさんが思春期に入る小学校四年・五年生ぐらいになってくると反発心・反抗心はもとより、体格も大きく力も強くなってきます。今まではなんとか抑えられていた子も、反発や反抗がいっそう強くなり、それでも気が済まない時は母親に手をあげるようになることもあります。

身近な人に相談しても「そのうち治まるわよー」「子どもに負けてちゃダメよ!」「あなたの育て方が悪かったんじゃない?」など、意見はバラバラ・・。

当センターでは「不登校+家庭内暴力」のカウンセリングのご相談は多いのですが、「登校はちゃんとしているものの家庭の中で暴言を吐いたり、親に暴力をふるう子」のご相談も決して珍しくはありません。そんな場合、親御さんの中には「登校はちゃんとできてるんだから、担任の先生のことは信頼しているのでは」と考え、本人に内緒で学校に相談されることもあるようです。しかし、それが本人の耳に入ってしまったら大変です。「ちくったなー!!」と、いっそう家庭内暴力がひどくなるケースもしばしばです。

身近な人に相談しても意見はバラバラ、学校に相談することもできない・・、もちろんそんな時のためにカウンセリングはあるのです。とはいっても、家庭内暴力の子をカウンセリングに連れて行くのは至難の業でしょう。実は、当センター親御さんだけに来所していただき、子どもさんへの対応のアドバイスをお出しするのが中心なのです。親御さんに来所していただいた中で、家庭内暴力だけに目をやるのではなく、「どんな時に暴力に発展するのか」「こんな時は落ち着いているという『例外』はないか」、そして何より「親子の会話の流れ」を拝見することで、大抵の場合は家庭内暴力に発展してしまう「パターン」がわかってきます。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

2016年1月27日

【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子

登校はするものの家庭で暴言を吐いたり親に暴力をふるう子のご相談も珍しくありません。身近な人に相談しても意見はバラバラ、学校に相談することもできない、かといって家庭内暴力の子をカウンセリングに連れて行くのは至難の業です。当センターは親御さんだけに来所していただき、子どもさんへの対応のアドバイスをお出しするのが中心なのです。

  1. 【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」