心身症タイプの不登校|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」

古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう。そのメカニズムを簡単にご紹介します。

まず、いじめや学業不振などを経験すると「怒り、憎しみ、悲しみ、恥ずかしさ」などの感情(心のストレス)がわき上がってきます。それらの感情は大脳の中の辺縁皮質でキャッチされ、すぐ下の視床下部に伝えられます。これらの感情が溜まりに溜まって許容範囲を越えてしまった場合、視床下部に影響を及ぼします。視床下部には二種類の自律神経が集まっています。一つは各器官の働きを活発にする「交感神経」、もう一つはその働きを静める「副交感神経」です。両者は互いに調和をたもつことでうまく機能しています。視床下部でキャッチされた感情が交感神経を刺激することで各器官の働きが活発になるわけですが、この刺激が強すぎると自律神経がバランスを崩し、頭痛、腹痛、下痢など身体の変調をきたしてしまうわけです。

S.O.S. その1「言いたいことが言えない」

心身症タイプには気もちの優しい子が多く、どうしても相手のペースに合わせがち。「しんどいけど誘いをことわったら嫌われるかなー」「わからないことを聞きたいけど、先生は忙しそうだしなー」など、いつも相手中心に物事を考えてしまいます。

こんなタイプの子が言いにくいのは「不満」「悪口」「ことわり」など相手がイヤがりそうなこと。「不安」「悩み事」なども「相手に心配をかけたくない」と考えて言いにくくなります。言いたいことが言えずにいると、それがストレスとなってドンドンたまっていってしまいます。それが限度を超えると身体の方が悲鳴をあげてしまうわけです。

S.O.S. その2「自分らしさがわからない」

意外と見落としがちなのがこのポイントです。たとえば、周囲から見ると「ゆっくりテンポ」なのに、本人にはそういった自覚が全然ないということがあります。ゆっくりテンポの子は、自分であせっても人からせかされても動きがぎこちなくなります。それがわからずに行動すると心(頭)と身体のバランスを崩しやすくなります。

同じようなことが「友だちづきあい」にもよく見られます。先生が見かけた時はいつも友だちとニコニコと話をしている。一人ぼっちのことがなく、いつも誰かと一緒に行動している。この子は友だちづきあいは大丈夫だ・・。ここに落とし穴があるわけです。無意識のうちに相手に合わせてしまっているのかもしれません。こんな子は顔ではニコニコしていても、心の中では「おもしろくないなー」「なんかしんどいなー」と思っているかもしれないのです。

アドバイス編

緊張感が高まる話でもできる子に。「会話の主導権」が対応のキーワード

私どもでは会話を重視します。生徒さんのペースで会話をすすめることができれば、言いにくいことでも言えるようになり、それだけでずいぶんと気が楽になります。そのため、生徒さんが一言しゃべったら、先生は相づちやオウム返しで継ぎながら、次に出てくる言葉を待ってみて下さい。心身症タイプの子は「気づかいのベテラン」が多いですから、「相手が気にしそうなこと=強い緊張感」となって言いにくいのです。根気づよくつきあっているうち「勉強がわからないから学校に行きづらい」「友だちがいなくてさびしい」などの「感情」が出てきたら大成功。感情を出し慣れていない子はここで強い緊張感を味わいますが、緊張感は「避ける」より「慣れる」ことで免疫力をつけることができるのです。

一方、返事が待ちきれず次々と質問したり、「なぐさめ・はげまし」等には注意が必要です。会話が途切れたり主導権が先生にうつってしまう可能性があります。

自分の得手・不得手をしっかりと認識し、自分らしくふるまえる子に

こんなタイプの子がカウンセリングにやってきた時、私どもでは親御さんへの対応のアドバイスと共に、本人にも自覚をうながすアドバイスをお出ししています。たとえば、先生が「昨日は何してた?」と質問したとします。すると本人は「うーん・・・ちょっと勉強して・・本屋にいって・・」と、緊張した面もちでなかなか話が進みません。そんな時「じっくり考えてゆっくり話すのが君の持ち味みたいだね。その調子でいいよ」と、自覚をうながすと同時に、自分らしくふるまって良いことを伝えてあげます。すると、回を重ねるごとに本人の口数が増えてきたり、リラックスした感じで会話ができるようになってきます。

友だちに対する気づかいはなかなか減らせませんが、自分の持ち味がわかり、先生や親に対して自分らしくふるまえるようになるだけでも症状から立ち直るきっかけとなります。

先生からみた「心身症タイプ」チェックリスト

体の不調をよく訴えるが、症状が変わりやすい。

よく迷い、決断に時間がかかる。

日ごろから穏やかで不平・不満をあまり言わない。

先生からの問いかけには必ず返答する。

勉強がわからなくても質問にやってこない。

友だちと話す時はいつもニコニコしている。

作文を書かせると良いことばかり書く。

注意しても言い返さない。

「べつに・・」「まあ・・」など単発表現が多い。

家庭訪問してもイヤがらずに会える。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

不登校タイプ別対応の仕方

1. 非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)

非行タイプの特徴
 不良とのつきあい・バイク・喫煙・深夜の外出・校則違反の数々・学校でも遅刻早退は当たり前。親の心配や怒りは増すばかり。勉強や人間関係の不安から逃げているのかも。見た目や行動とはウラハラに寂しがり・甘えん坊・こわがりなのが特徴です。

非行タイプ特有のキーワード
「居場所さがし」「気軽な関係」「スキンシップ」「義理・人情」「現実逃避」「家庭のムード」など

2. 心身症タイプの不登校

心身症タイプの特徴
 朝になると「頭が痛い」「はき気がする」「しんどい」など身体の不調をうったえます。病院でみてもらっても問題がみつからない場合、心のS.O.S.が身体にでていることが考えられます。ふだんからあまり自己主張しない子や、相手に気をつかう心の優しい子に多く見られます。

心身症タイプ特有のキーワード
「自己主張を増やす」「緊迫感」「争いを避ける」「自分の性格や持ち味を知る」「気づかいを減らす」など。

3. 対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校

対人恐怖症タイプの特徴
 人の視線が気になる。人と話をすると緊張する。このように対人関係がきっかけで登校できなくなるタイプです。正直者で生真面目な子に多く見られます。この緊張感をわかってもらおうとして、人に話をするとかえってしんどくなります。緊張感の裏に勉強に対する不安などが隠れていることもあります。

対人恐怖症特有のキーワード
「正直すぎる」「罪のないウソ」「冗談」「世渡り」「柔軟性」「相手との距離感」など。

4. 家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校

家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの特徴
 学校ではおとなしいのに、家庭では口調が荒かったり物にあたったり。暴力に発展したらまずいと思って、なだめたり言うことをきいているうち何でも親にさせるようになることも。腫れ物にさわるような対応や、親があきらめ気分だったり疲れきってしまうと解決が遠ざかります。

家庭内暴力タイプ特有のキーワード
「口の軽さ」「こわがり・寂しがり屋」「内づらと外づら」「自己主張」「親子のテンポのちがい」「依存心」など。

5. ひきこもりタイプの不登校

ひきこもりタイプの特徴
 こだわりや執着心が強く、ふだんから弱音をはかない子に多くみられます。勉強や友達関係など自分の気にしている事でいきづまり、一人で悩みつづけている可能性があります。長びくと無気力になったり、「どうでもいいわ」と投げやりになってしまいます。「気にしなくていいよ」は逆効果。

ひきこもりタイプ特有のキーワード
「こだわりの尊重」「ガンコ」「ひらきなおり」「融通性」「よき理解者」など。

6. 明るい不登校

7. いじめ不登校

8. 小学生の不登校

9. ぎりぎりタイプの不登校(高校生のギリギリ再登校)

10. 不登校…休み始めたらすぐ動く!

  1. 非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)
  2. 心身症タイプの不登校
  3. 対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校
  4. 家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校
  5. ひきこもりタイプの不登校
  6. 明るい不登校
  7. いじめ不登校
  8. 小学生の不登校
  9. ぎりぎりタイプの不登校(高校生のギリギリ再登校)
  10. 不登校…休み始めたらすぐ動く!

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」