【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!

中学生・高校生の非行問題で悩んでおられる親御さんにとって、まず何よりも先に解決したいのは「不良仲間との縁を切らせること」ではないでしょうか。

「もともとは真面目な子だったのに、あの不良の子たちのせいで勉強に手がつかなくなった・・」「いつも溜まり場になっている家は親が放任主義。そこで何をしているやら・・」「ボス格の子が近所でも評判の悪い子。あの子のせいで深夜徘徊やタバコまで・・」

非行の子には「不良仲間」がつきもの。しかし、真っ先に「不良仲間との縁を切らせよう」に重点において対応すると、なかなかうまくいきません。本人の猛反発にあったり、かえって不良仲間の方に気持ちが向いてしまうなど、思ったようには親の努力が報われにくいのです。また、たとえ不良仲間との縁がなんとか切れたとしても、手放しでは喜べないこともしばしばです。非行の子は次から次に「新たな居場所(=他の不良仲間)」を見つけてきたりするのです。もし、その不良仲間が前の不良たちよりもいっそうタチの悪い子だったら・・。

実は、「どこから手を入れるか(とりかかるか)」は、非行問題の解決においてとても重要なのです。当センター非行のカウンセリングにも、同じような苦い経験をしてこられた親御さんがたくさんこられています。

もちろん「不良仲間との縁を・・」という「目標」はそのままで良いのです。「その前に何をしておくべきか」。非行のカウンセリングでも「目標」と同時に「優先順位」をも視野に入れて対応していった方が効果が上がっています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年10月28日

【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!

中学生・高校生の非行問題で悩んでおられる親御さんがまず解決したいのは、不良仲間との縁を切らせることだと思います。非行問題の解決においてとても重要なのは、どこからとりかかるかです。非行のカウンセリングでも目標と同時に優先順位も視野に入れて対応していった方が効果が上がっています。

  1. 【非行】「不良仲間との縁を切らせたい!」。その前に!

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」