担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

「学校」や「クラスメート」の話題を急に話しはじめたAさん、三学期から放課後登校を始めたB君、半年以上やすみ続けたのに四月からしっかり登校しはじめたC君、学校のプリントに目を通しはじめたDさん。年齢や状況はさまざまですが、このところ多くの子がいろんな進展をみせてくれています。それまで「学校」という言葉がタブーだったり、「学校なんかもう行かない!」と言い切っていた子たちに変化が訪れたのです。特にこれらのきっかけをつくって下さった担任の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。どの先生にも共通してお願いしたこと、それは「情報提供」でした。

とりわけ「よもやま話」が役にたちました。「○○さんが学級委員に選ばれた」「席替えをして配置はこんな風になっている」「休み時間には半分がグループでおしゃべりし、半分が一人で本を読んだり絵を描いている」「最近のホームルームは十分ぐらいで終わっている」「今日Y君とH君がケンカした」「花粉症で鼻をぐずぐずしている子が五人ほどいる」「昼休みに図書室を利用する子が増えている」「最近は『モー娘。』が一番人気のようだ」・・・こんな感じです。

こういった何気ない情報の方が学校のイメージも浮かびやすくなる上、家族間での話題にものぼりやすくなるのです。おまけに担任の先生に対する信頼感や安心感が増します。情報提供の方法も「週に一回訪問して下さり他の日はFAXで流して下さる先生」「毎日のように電話で教えて下さる先生」「メールを親と子それぞれに送って下さる先生」など様々です。これからもどうぞよろしくお願いします。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」