意外と多い「ギリギリまで不登校」|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
意外と多い「ギリギリまで不登校」

今回はギリギリタイプの子どもさんのお話です。

高校生の不登校には「留年」の二文字がつきものです。毎年、淀屋橋心理療法センターにも、二学期や三学期になって「なんとか留年は避けたい」と切実に願っておられる親御さんが多数相談に来られます。

「『留年』を避けるためにも一日でも早く再登校してほしい」または「せめてギリギリでもいいから登校してほしい」。これがわが子を思いやる親御さんの率直なお気持ちでしょう。

私どもも、ギリギリタイプの子をたくさんお手伝いしてきました。「留年まであと一週間」や「あと3日」を残して再登校した子も少なくありません。しかし、中にはもっとすごい子がいるのです。

仮に65日休んだら留年が決まるとすれば、欠席数が64日目になって初めて動き出す子がいるのです。休み休み登校(五月雨登校)している子ならば、欠席数の合計が65日にならないように計算している子もいます。今年はそんな子が例年よりも多かった気がします。

ここで注意!

親御さんの考えておられる「ギリギリ」は、本人が病気にかかることなどを見越して、5日とか10日を差し引いた日数で考えられるようです。しかし、当の本人は病気のことなどを考える余裕はなく、まさにギリギリの日数をギリギリだと考えているようです。

親子の間の「焦り度」に違いがあると、対応がかみ合わないどころか、親がせかすほど子どもが猛反発してしまい、「もう行かない!」とヘソを曲げてしまいかねません。

「ギリギリ」を「チャンス」に変える

ギリギリでも動ける(再登校できる)ようにするには、親子のコミュニケーションが非常に重要です。日ごろからどんな話題でも話し合える関係で、本人の不安や焦りが強くなってくるほど親に訴えやすくなっていれば、いざという時に「よしっ!」と決断ができるようになります。そういう仕組みができていれば「ギリギリ」は、本人の原動力を生む「チャンス」に成り得るのです。

日常生活でのヒント

たとえば、親も子も「約束ごと」があるとすると、「30分以上前に到着する」「数分前に到着する」「予定時刻ちょうどに到着する」「遅刻することがある」など、互いの性格やパターンを把握しておくと参考になるでしょう。

【参考】ギリギリ再登校

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

2010年5月19日

意外と多い「ギリギリまで不登校」

「ギリギリタイプ」の子どもさんのお話です。高校生の不登校には「留年」の二文字がつきものです。毎年、淀屋橋心理療法センターにも、二学期や三学期になって「なんとか留年は避けたい」と切実に願っておられる親御さんが多数相談に来られます。

  1. 意外と多い「ギリギリまで不登校」

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」