【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。

面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「クリスマス会」などの、比較的ゆるやかなイベントを時間割に組み込んで下さることもあります。終業式間際の12月23日には祝日もあり、12月中旬から終業式にかけては、「長時間の授業を受けるのが負担」という不登校の子にとっては、一気にハードルが下がります。

12月からは普通に再登校できたとまではいわないものの、上記のようなイベントや午前中だけの授業だけには登校できるという子は少なくありません。もちろん、その前提には担任の先生やクラスメートの積極的な声かけや働きかけがあってのことです。もちろん、まだ完全登校ではないものの、親御さんにとっては「久しぶりに登校してくれた!」「2学期の終わりには3日も登校できた!」と、少しでも登校できた喜びは強そうです。

しかし、ここで注意すべき点が!。親御さんの考えの中に「二学期の後半で行け始めたんだから、三学期は『キリ』も良いし、もっと登校しやすくなるのではないか」、という期待が強くなってしまうことです。

実際、三学期が始まるといかに小学校といえども二学期の終わりと同じように「ゆっくり」とはいえないようです。始業式の翌日からは給食も始まり、通常授業もすぐに始まってしまうのです。ここで、親御さんが「二学期の再登校を弾みに」と「行け行けオーラ」を出してしまうと、せっかく盛り上がった再登校ムードにかげりがさしてしまうハメに・・。

二学期の後半に再登校できたのは事実です。そう考えると、子どもさんはもはや、登校する気のない子ではないのです。そして、「何かのきっかけや条件が整えば再登校できるのでは?」という視点で不登校のカウンセリングをすすめていただいた方が解決しやすいのは間違いありません。少なくとも、少し前には「学校」という場に足を運び、クラスメートや担任の先生と時間を共にしたわけです。登校したときの記憶は比較的新鮮に残っているものです。この時の話題をテコにカウンセリングを進めていくのも当センターの特徴の一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年1月18日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」