【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる」という子がいます。いわゆる「さみだれ不登校」です。さみだれ不登校は、当センターのカウンセリングでは「安定登校の一歩手前」であると考えています。何日かに一回でも登校できるということは、「イヤなことや不安なことはあるけれど、完全拒否(完全不登校)ではない」ということなのです。

また、さみだれ不登校が何より好都合なのは、週に一回や月に数回の登校であったとしても、学校という「現場」を「身近」に経験しているということです。ずっと休んでしまっている完全不登校の子は、学校という「現場」から遠ざかっている分、登校した時のストレスの記憶自体がかすんでしまっている場合も多いのです。

さみだれ不登校のカウンセリングでは、「登校した日のストレス」を「いかに細かく再現できるか」に重点をおきます。特に小学生の場合、ふつうに「今日はどうだった?」と聞いただけでは「しんどかった」「疲れた」「なんかイヤだった」と、単語表現でしか説明できない子が多いのですが、そんな場合は親御さんの聞き方を工夫していただきます。私どもでは「小道具」と呼んでいますが、壁に貼った時間割をながめながら聞いてやったり、連絡帳の内容を読み上げながら質問してやったり。低学年の子なら「パペット(手にはめて口をパクパクさせるぬいぐるみ)」にお母さんの代わりに聞いてもらうと答えやすい子も。このような「時間割」「連絡帳」「パペット」といった小道具があった方が今日の出来事や感想を思い出しやすかったり、気軽にしゃべりやすいという子もいます。

それ以外にも、聞き出すタイミングやその場の人数や場所など、色々な工夫が必要になる場合もあります。また、子どもさんにもよりますが、大事な話ほど緊張するのか、顔を見合わせて話す・テレビを消して話すというよりは、二人でテレビを観ながら話すとか、中には、ゲームをしながらの方が話しやすいという子もいるのです。

しかし、ここまで複雑、かつ「ゲームをしながら話す」という一般常識から外れたような対応になってくると、親御さんの方がいささか困惑されたり、「ゲーム依存にならないかしら?」と、かえって不安に感じられる場合も少なくありません。もちろん、同じ対応をどなたにでもお勧めしているわけではありません。不登校のカウンセリングでは、親御さんからお聞きした情報をしっかりと分析した上で「その子その子に合った」聞き出し方や注意点などを考えてアドバイスしています。

さらに、その日のストレスを「その日の内に発散できる」ことも重要です。すると、「今日はしんどかったー。でも、お母さんに聴いてもらえてすっきりしたし、明日も行ってみようかなー」が期待できるかも!。これは小学生など低年齢・低学年の子ほど効果が期待できます。ポイントは「登校した日の内に、ストレスをしっかり発散できること」です。この力がついてくることで、「さみだれ登校」から「連続登校」という道が開けてくる場合が非常に多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年12月9日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」