【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!

子どもさんが不登校ひきこもりになると、親子の会話も減ってしまうことがあります。一生懸命話しかけると嫌がられ、同じことを何回か言うと「しつこい!、うるさい!」の一言どまり・・。会話が少なくなると家庭の雰囲気も次第に暗く・重たくなっていくのではないでしょうか。

淀屋橋心理療法センターでも「会話」を非常に大事に扱います。会話が多くなればなるほど対応のアドバイスもお出ししやすくなり、解決の見通しも開けてきやすくなるからです。ただ、私どもの元に相談に来られるご家族でも「会話が少ない」という例は少なくありません。

カウンセリングでは会話を増やすための方法も考えていく前に、まずはご家族の雰囲気や日頃のご家族の生活の様子をしっかりと把握しておきます。すると・・・親子の会話が少なくなってしまう要素(理由)が色々と浮かび上がってくることがあります。

よくあるのは「両親ともにあまり口数が多くない」「子どもが一人っ子で、親以外に話し相手がいない」「特別なことが無い限りテレビはつけない」などでしょうか。

こんな場合、まず手をつけやすいのが「テレビ・・」でしょうか。「テレビを(ほとんど)つけない」という場合、どうしても家族間の「会話のネタ」が少なくなってしまいがちな気がします。逆に言えば、テレビこそ「ネタの宝庫」とも言えるのです。テレビは放っておいても次から次へとネタを提供してくれます。もちろん、全てのネタに反応するわけではないでしょうが、たまたまリビングにお茶を飲みに来た時、テレビがついているだけでちょっと立ち止まったり、リビングにやってくる回数が増えるということも。

当センターに相談に来られているご家族でも「バラエティ番組をつけておいたら、少し笑うようになりました」「歌番組を少しみたなーと思ったら、後でその歌をハミングしていました」など、ちょっとした変化を起こしてくれる事があります。ここに親御さんの「笑い」や「○○だなー」といった、ちょっとしたコメントがあるだけでも、家庭のムード自体が変わってくることがよくあります。

こうなってくるとカウンセリングでも「会話を弾ませる」ためのアドバイスがお出ししやすくなってきます。場合によっては「こんなん○○やん!」「わたし、このタレント嫌い」など、批判的なコメントがでてくることも。ここで慌ててチャンネルを変えたり、「そんなことないでしょー」と批判を和らげようとすると、かえって口数が少なくなる事があります。意外に思われるかもしれませんが、こんな「批判精神」も会話を伸ばす「チャンス」なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年11月21日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」