【不登校・非行】子どもが反抗的なのは思春期だから?|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校・非行】子どもが反抗的なのは思春期だから?

小学校四~五年生ぐらいなってくると、いわゆる思春期や反抗期といった時期に入ってきます。それまでは、子どもらしく、素直に親の言うことに従ってきた子が、急に口数が減ったり親への態度も反抗的になってきたりと、大きな変化をむかえる子が多いようです。これに対し「思春期だからなー」と、当たり前の変化や成長過程として、対応を何も変えずに様子をみてらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか。

もちろん、淀屋橋心理療法センターでも、「思春期」は必要な変化・成長過程であると考えています。しかし、思春期の子どもさんが不登校になったり、非行に走ってしまうなど、簡単には見過ごせない状況になってしまった場合は話は別です。速やかに対応を工夫する必要があります。反抗的な態度の場合も同じです。単に、思春期だから反抗するのか、それとも、親御さんの対応の仕方が子どもさんの性格や持ち味に合っていないからなのか、何か困ったことがあってイライラしているのか等も、しっかりと分析する必要があります。

当センターでは、親御さんの対応の工夫次第で、子どもさんの口数の多さや態度が変わることをたくさん経験してまいりました。不登校や非行の上に反抗的な態度・・・、このピンチを対応の工夫によってチャンスに切り替えましょう。
(思春期をむかえる時期には個人差があります)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

2012年9月7日

【不登校・非行】子どもが反抗的なのは思春期だから?

子どもさんにとって思春期は必要な変化・成長過程であると考えていますが、不登校になったり、非行に走ってしまうなど、簡単には見過ごせない状況になってしまった場合は話は別です。淀屋橋心理療法センターでは、親御さんの対応の工夫次第で、子どもさんの口数の多さや態度が変わることをたくさん経験してまいりました。不登校や非行の上に反抗的な態度・・・、このピンチを対応の工夫によってチャンスに切り替えましょう。

  1. 【不登校・非行】子どもが反抗的なのは思春期だから?

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」