【非行】ポリシーのある非行の子は解決しやすい|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【非行】ポリシーのある非行の子は解決しやすい

夏休みが終わり、新学期がはじまりました。「夏休みだけ染めさせて。新学期までには黒くするから!」といって茶髪や金髪に染める中学生・高校生も多いようですが、新学期前には宣言通り黒色に戻されたでしょうか。当センター非行解決のお手伝いしている子たちも、髪を黒く染め直した子もいれば、茶髪のまま登校して校門で追い返されたり、職員室に連れて行かれ「黒彩(こくさい=一時的な黒染めスプレー)」を頭にふりかけられた子もいるようです。

非行の子が徐々に改善していく様子をみていると、一定の「ポリシー」を持っている子の方が解決のスピードが速いのがわかります。たとえば「部活だけは休まず朝練から行く」「高校は絶対○○高校に行きたい」「少しでも良い大学に行きたいから塾だけは休まない」といった感じです。中には「夜遊びはするけど絶対に茶髪にしない」というポリシーをもった子もいます。さらに、ポリシーのある子は非行の程度もそこそこであったり、最低限の登校・勉強はできている子が比較的多いです。そうなると当然、親御さんの心労も一定レベルに保ちやすく、学校の話題も出しやすいため非行のカウンセリングもとても進めやすくなります。

一方、ポリシーや将来の夢などをもっていない子は、周りの不良の子に流されやすい傾向があるようです。不良の子からメールやLINEが入れば雨だろうが深夜だろうが出て行ったり、帰宅時間もたいていは誘った相手の都合によるため、「どこに行くの?」「何時に帰るの?」と尋ねても「わからん」というのが定番です。それほど、ポリシーや将来の夢を持っているかどうかは非行問題解決の上で大事なのです。「将来の夢・目標」が無い場合は、カウンセリングの中でどんな風に親子で話を進めていけば良いかについてアドバイスしています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)

担当 小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

2014年9月2日

【非行】ポリシーのある非行の子は解決しやすい

非行の子が徐々に改善していく様子をみていると、ポリシーや将来の夢などを持っている子の方が解決のスピードが速いのがわかります。ポリシーや将来の夢を持っているかどうかは非行問題解決の上で大事なのです。将来の夢・目標が無い場合は、カウンセリングの中でどんな風に親子で話を進めていけば良いかについてアドバイスしています。

  1. 【非行】ポリシーのある非行の子は解決しやすい

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」