【不登校】「これだけは譲れない」と言い張る子|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】「これだけは譲れない」と言い張る子

小学五年生ぐらいから芽生えてくる「自我」ですが、それが中学生になると更に拍車をかけて強くなる子がいます。親として、小学生低学年まではビシッと言えば諦めていた子も、小学校高学年や中学生にもなると「言えば言うほど反発する」「反対すると、何時間・何日間でも親と口をきかなくなる」など、自分の意見を曲げなくなる子が出てきます。不登校のカウンセラーという立場から見れば、その傾向は不登校の子ほど、そのしつこさ(執着心)の「度合い」や「割合」が高い気がします。

とりわけ、「どうしても今度発売の○○を買いたい!。金曜日発売だから徹夜して並びたい!」「土曜日の○○のイベントが年に一回しかないから行かせて!」と、金曜日はもちろんのこと、私立中学・私立高校など土曜日にも学校のある日に、わざわざ学校を休んでまでやりたいこと・欲しいものがあるというのです。しかも、不登校気味なのに・・・。

親としては当然反対の立場です。しかし、ガンとはねつけたらどうなるのか。「ヘソを曲げてもっと学校を休んでしまうんじゃないか」。実際は、親として反対の立場を貫いたものの、朝、子どもの部屋をのぞいてみると一枚の「書き置き」が。「やっぱり学校を休んでまで○○にいったか・・」。こんな時、親として厳しく叱った方が良いのか、今回は大目にみてやって方が良いのか、判断にこまったという例もありました。

これは親子の関係や会話の進め方の工夫を積み上げていくことで防ぐこともできるのですが、このような「事件」=「書き置き問題」をきっかけとし、初めて事の重大さを感じてカウンセリングをスタートされる親御さんも少なくないのです。実際、不登校のカウンセリングをスタートしてみると、親子の関係や会話がうまくいっていない・噛み合っていない場合が多いものです。再登校をめざす上でも、まずは親御さんに頑張っていただき、どのようにこの「我の強い子」と向き合っていくか、その対応のコツをつかんでいただくことが治療のスタートでもありゴールでもあるのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年7月2日

【不登校】「これだけは譲れない」と言い張る子

小学五年生ぐらいから自我が芽生え、中学生になるとさらに強くなり、自分の意見を曲げなくなる子が出てきます。その傾向は不登校の子ほど、そのしつこさ(執着心)の度合いや割合が高い気がします。再登校をめざす上でも、まずは親御さんに頑張っていただき、この我の強い子と向き合って対応のコツをつかんでいただくことが治療のスタートでもありゴールでもあるのです。

  1. 【不登校】「これだけは譲れない」と言い張る子

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」