【不登校】「起立性調節障害」という診断名を嫌う子|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】「起立性調節障害」という診断名を嫌う子

高校生の不登校の場合、欠席日数が増えてくると学校から「診断書を出すように」と求められることがあります。怠けではなく病欠であるという証明であったり、進級判定会議などの判断材料に用いられる場合もあるようです。

小中学生でも同様に、朝なかなか起きられない子を心配して、ご両親がクリニックの受診をすすめる場合があります。

そして、医師から「起立性調節障害」という診断名が下された場合、親御さんや学校の先生方の中には、怠けではなく病気なんだという意味で安堵感をもたれる方もいらっしゃいます。一方、ちゃんとした診断名にも関わらず、当の本人は「起立性調節障害」という言葉を嫌う子が多いようです。何人かにお聞きしたところ、「障害」という言葉が入っているのが気になるようです。

そのため、ヒトの目を気にする子どもさんの中には「起立性低血圧」という名称をクラスメートたちに使ってるようです。実際にはこのような病名もあるようですが、どうやら子どもさんは、自分なりに知恵をしぼって「まんざら嘘でもなく、かつ、聞こえの良い」病名を考えたようです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
不登校・非行専門カウンセラー 小川和夫

2012年7月26日

【不登校】「起立性調節障害」という診断名を嫌う子

不登校では、診断書を求められることがあります。朝なかなか起きられない子を心配してご両親がクリニックを受診し「起立性調節障害」という診断名が下された場合、本人は「障害」という言葉が入っているのが気になるようです。そのためヒトの目を気にする子どもさんの中には、、自分なりに知恵をしぼって、まんざら嘘でもなくかつ聞こえの良い病名を考え「起立性低血圧」という名称をクラスメートたちに使ってるようです。

  1. 【不登校】「起立性調節障害」という診断名を嫌う子

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」