【不登校】「学校では普通にしてますよー」には要注意|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】「学校では普通にしてますよー」には要注意

やっとの思いで再登校しだしたものの「しんどそうにしながら、休み休み登校している」「学校から帰ってきたらイライラすることが多い」・・。

子どもさんが安定して登校できていない限り、親御さんの「また不登校になってしまうのでは?」という不安は拭いきれないでしょう。また、再登校しはじめの頃や家庭でしんどそうにしたりイライラしていると、どうしても「学校ではどんな風にしているんだろう」「学校に何か原因があるのかなー」と気になることもあると思います。

そんな時、学校のことで一番頼りにしたいのは「担任の先生」。特に、小学生の場合は、ほとんどの科目が一緒のため、子どもさんを観察できる機会が多いもの。また、中学生や高校生では、担当教科の科目がなければ「ホームルームだけ」ということもありますが、それでも毎日は顔を合わせているわけです。お母さんの中にはマメに電話をかけて子どもさんの学校での様子をきかれたり、週に一回、学校に足を運んで面談される方もおられます。

すると、担任の先生から「いやー、学校では普通にしてますよー」と、何度たずねても同じような答えが返ってくることがあります。しかし、家での子どもは「しんどそう」にしていたり、「イライラ」しているのです。「もしかして家庭に問題があるのかしら・・・」。こんな不安をおぼえることもあると思います。

実は、ストレスを感じても学校では普通にできる子で意外と多いのは「気をつかう子」です。しんどくても、イヤだなーと思ってもニコやかにふるまったり、ポーカーフェイスを貫くことができるのです。いわゆる「心身症タイプの不登校」の子に多くみられます。当センターのカウンセリングでお手伝いする子の中で最も多いタイプの一つです。そんなタイプの子かどうかは日頃の振る舞いや会話の様子などをお聞きしているとすぐにわかります。もしそうならば、学校で気をつかって溜まったストレスを家庭で上手に発散できるようにしてあげるようにしていけば、安定登校につなげることができるのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年5月11日

【不登校】「学校では普通にしてますよー」には要注意

子どもさんが再登校できても、しんどそうだったりイライラすることが多いと、親御さんは心配されると思います。また担任の先生に学校では普通にしていると言われると、家庭に問題があるのかなと、不安をおぼえることもあると思いますが、ストレスを感じても学校では普通にできる子で意外と多いのは「気をつかう子」です。

  1. 【不登校】「学校では普通にしてますよー」には要注意

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」