【不登校】子から親への「ダメ出し」を喜んでやる|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】子から親への「ダメ出し」を喜んでやる

通常、「望ましい親子関係」とは「子が親を尊敬している」「親子の間で楽しい会話が弾む」「親が言わなくても子どもが自主的に家事を手伝う」・・と、「肯定的なニュアンスを伴った関係」のことをさす場合が多いと思います。

しかし、不登校や非行の場合(他の症状の場合も)、意外と「否定的な発言」ができる関係ができる方が望ましい場合があるのです。今回は「不登校」に絞って説明したいと思います。

特に、ストレスが腹痛・頭痛・発熱となって現れる「心身症タイプ」の子に多いのですが、不登校や不登校気味の子の中には学校に関する「良いこと・普通のこと」は言えるものの、「イヤなこと・気になること」がなかなか言えない子がいます。これは性格的なものもあるのですが、意外と日頃の親御さんの様子や顔色を見ている中で「あっ、これはお母さんに言うとイヤな顔をされそうだなー」「お母さんにこんなこと言ったらお母さんまで落ち込んでしまいそう」と、これまでの経験からも言いにくい場合も多いのです。

実際、不登校になるまでは学校(先生・クラスメート・勉強)の不満や不安をあまり言ってこなかった子が不登校になるというケースは珍しくありません。また、そんな子に限って学校では「良い子ちゃん(を演じている)」ということもよくあります。

不登校のわが子がそんな子の場合、家庭の中でもしっかり「イヤなこと・気になること」が言えているかどうかといったセンサーを研ぎすませたり、時には、「イヤなこと・気になること」が言えるよう、親の方から促してやることも必要な場合もあります。もちろん、話題は「学校」以外のことでも構いません。「夕食のメニュー」や「テレビ」「ゲーム」など、日常的な話題でOKです。

とは言うものの、よほど意識したり練習しないとうまく反応・対応できないのが「親へのダメ出し」でしょう。「えー、今日もカレー?!」「ホント、お母さんってゲームが下手くそだなー」「えー、お母さん、そんな事もしらなかったの?」・・。「他者批判」にはつき合えても、批判の矛先が親に向けられてしまうとカチンときやすいものです。しかし、子どもからするとどちらも同じ「批判・不満」。ここでもしっかり対応していただけると、いっそう「気軽に何でも話せる親子関係」に近づきやすいのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年9月9日

【不登校】子から親への「ダメ出し」を喜んでやる

不登校や非行でも、否定的な発言ができる親子関係が望ましい場合もあります。ストレスが腹痛・頭痛・発熱となって現れる心身症タイプの子には、家庭の中でもしっかりイヤなこと・気になることが言えない子が多いです。そして親への批判・不満もしっかり対応していただけると、何でも話せる親子関係に近づきやすいのです。

  1. 【不登校】子から親への「ダメ出し」を喜んでやる

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」