【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応

小学校高学年や中学生ぐらいになると、親がちょっとしたことを言っただけでも「えー、めんどくさい!」と、真っ先に嫌そうな返事をするようになる子も多いと思います。もちろん、「まだまだ子どものクセに生意気な!」「反抗期だから仕方がないか・・」など色々な意見があって当然だと思います。

たとえば、夕食を食べ終わった時、「お茶碗とかお皿は流しに持っていってねー」とさらっと言っても「えー、めんどくせー」とか、「電球交換してくれない?」と頼んでも「えー、そんなんイスにのってお母さんがやればいいやん!」とか・・。

大事なポイントは、ブツブツ文句を言いながらでも「待てば動く子(やってくれる子)」なのかどうかなのです。ブツブツ言いながらでもお皿を流しに持って行ったり、「お母さんがやればいいやん」と言いながら、「で、新しい電球はどこにあるのん?」とか、文句を言っておきながらも動いてくれる子かどうかの見極めは非常に大事なのです。

一般的には「やるなら文句をいわずにやれ!」「文句を言うならやらなくていい!」というご意見が大半を占めると思いますが、前述の対応はまさに「第三の対応」=「反抗期の子むき」といえるでしょう。

もしそんな子ならば、不登校の子の対応にも十分応用できます。むしろ、不登校の子の方が「何を言ってもすぐ反発」が多いかもしれません。不登校への応用は、学校での不満をブツブツ言わせたり、翌日の登校の事を気にしてブツブツ言わせた方が、ストレスが発散・解消できてスムーズに登校しやすくなる、といった具合です。この「ブツブツ」を容認・歓迎できるかどうかが非常に大事なのです。

反抗期の子どもさんに合った対応をマスターしていただけますと、中学生はもとより高校生やそれ以上の年齢になっても色々としゃべってくれるようになります。何よりのメリットは不登校の子のその日の過ごし方や興味、心理状態がわかりやすくなるということです。「反抗期はしゃべらなくて当たり前」という風潮(常識)がありますが、淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは、その常識を覆すことができるのです。もちろん、この対応は不登校・不登校気味の子だけでなく、非行タイプの子にも応用できます。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年12月25日

【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応

小学校高学年や中学生ぐらいになると反抗期に入り、何を言っても文句を言う子も多いですが、文句を言いながらも動いてくれる子かどうかの見極めは非常に大事なのです。もしそんな子ならば、不登校・不登校気味の子のほか、非行タイプの子の対応にも十分応用できます。

  1. 【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」