「いじめ」がわかったら家庭ですること|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
「いじめ」がわかったら家庭ですること

「いじめ」がわかったら家庭ですること

本人が否定していても、いじめられているという事実がクラスメートやその子のお母さんから耳に入ってくることがあります。親にとってこれほどつらいことはありませんが、まず動転する気持ちを落ち着かせましょう。「あんた、いじめられてるんじゃないの」と、帰宅そうそうの子どもに問いただすのは一番いけません。必死に耐えている子どものプライドを傷つけてしまい、親への不信感をつのらせるだけです。「おかえりなさい。おやつおいてあるよ」と明るい声でことばがけを。仕事をもっている母親ならメモを書いておきましょう。

いじめの実態をできるだけ正確に把握しましょう。いじめの種類や程度、どのくらい続いているか、大勢か一人にいじめられているのかなど。見守るだけで大丈夫か、それとも親や教師が介入しないといけない危険をともなういじめか。それによって担任と連携して対処していくか否かを決めます。

子どもにとって家庭がほっとできて話しやすい雰囲気であることが救いとなります。黙りがちの子どもにはさりげない生活生活の出来事で語りかけてあげましょう。たとえば「お隣のミーコ(猫)ね、赤ちゃん三匹産んだんだって」といったいじめや学校とは関係ない話題を心がけましょう。

「しぐさでわかる心の病気」、淀屋橋心理療法センター刊・エール出版

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」