不登校は『早期発見、早期対策』が一番|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
不登校は『早期発見、早期対策』が一番

不登校は「早期発見、早期対策」が一番

高校生の不登校対策として『早期発見、早期対応』がいかに大切かということを、親ごさんたちにご理解いただきたく思います。そこで次のような文をまとめてみました。


親ごさんだけのカウンセリングでスタート

 不登校の問題は、出席日数、留年というタイムリミットが関わってきます。「そのうちに何とかなるだろう」と思っているあいだに、進級できなくなるということはよくおこります。かといって「まだ不登校と決まっていないうちに騒ぎ立て、事態をこじらせたくない」という親ごさんのお気持ちもおありでしょう。子どもさんはそのままで親ごさんだけおいでいただき、対応の仕方などについてアドバイスをさしあげます。親自身が心構えをもち、対策を準備しておくというだけで、いざとなると不登校の深みにはまらずにすんだということがよくあります。

きっかけは小さいけれど、長引くとやっかい

 不登校を乗り切れるかどうかということは、親と本人の「危機対応力=ピンチの時に対応する力があるか」にかかっています。きっかけはささいなことが多いものです。「クラスになじめない」「授業についていきにくい」「友だちができない」「こんなはずじゃなかった」など。「行くのいやだな」と思って「行かない」日が重なり、いつのまにか時間がたってしまいます。不登校のきっかけは小さかったのですが、「今さら行っても目立つからいやだ」「行きづらいな」「なんか言われるんじゃないか」「みんなの目が気になる」と、行きにくい原因は雪だるま状に大きくなっていきます。

危機対応力のない子の場合

 あと何日で留年というタイムリミットに近づけば近づくほどあせりがでて、親と話し合おうという方向でなく、自分の部屋に引きこもるということになるでしょう。「ほっといてくれ。うざいっ!」と、学校の話はよけいプレッシャーになりはねのけてしまうでしょう。また「あしたっからは行くよ」と、プレッシャーから逃れるために空手形を約束し続ける子もいるでしょう。あるいは「もう学校はやめる!」と言ってしまったら楽になるかと、本心ではないのに切れてしまう子もいるでしょう。

 このように危機対応力のない子は、問題を避け、親を避け、担任を避け、友だちを避け、しだいに孤立する方向へ行きがちです。

危機対応力のある子の場合

 危機対応力があると、「行きたいけど、朝が起きられないんだ」「数学がわからない。どうすればいいんだ」「みんなの目が気になって。保健室登校ってできないのかな」と、前向きの相談を親や先生にすることができます。また「行きたいけれど、行けないんだ」「行きたくないけれど、行かなくてはならないんだ」といった、複雑な気持ちが渦巻いていることもあります。心のなかの迷いを、周りにいる親や先生に話すこともできます。

親の工夫で子は変わる

 子どもが自分の悩みや気持ちを話せるようになるには、まず周りが変わらなくてはなりません。周りの大人がくふうすれば、子も変わる。この積み重ねは今すぐにでも始めなければいけないのです。

 みなさんのご家庭にはそれぞれの価値観があるでしょうから、強制はいたしません。でももしこれを読んでいただくなかで、「早く誰かに相談してなんとかしたいと思っておられる方」「なんとか早く打てる手はないかと思案しておられる方」は、きっとおれられるはずです。そういう方はどうぞ一度、淀屋橋心理療法センターの扉をたたいてみてください。

 親だけが早く動くことで子どもが気づかず、まったく傷つかない状態で事態を改善に向けて進めることができます。早く動きたいけど子どもが心配で、事態を大きくしたくないと思っておられる親ごさん、大歓迎!

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」