高校生の留年の危機|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
高校生の留年の危機

不登校のご相談の電話が増えてきました。この時期「出席日数が足りなくて後二回休んだら留年が決定してしまいます」という切羽詰まった状況で電話をしてこられる親御さんが増えてくるのです。

もちろん親御さんはこの状況になるまであの手この手で登校を促したり、学校側も登校しやすいよう別室を用意してくれたり、子どもさんの為に出来ることは手を尽くされてきています。それでも本人は動く気配がありません。親御さんはほとほと子どもさんの頑固さに手を焼いていました。

このぎりぎりの状況で当センターは何ができるか。どのようなアプローチで変化を起こしていくか。これまでの膨大な実績からその人に合ったアプローチで人生の問題解決に導いていきます。

当センターに来所される不登校の子どもさんには、納得しないと動けない、人に指示されて動くのは嫌という頑固な持ち味の人が多いのです。しかし自分で納得したらぎりぎりになって動き出す人も多くいます。ご本人がうまく動き出せる様導いてあげるお手伝いをさせて頂きます。

そして何よりこの頑固さは磨けば輝く気質です。一つの事にこだわり探究して成功していく持ち味なのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

スタッフU

2014年6月4日

高校生の留年の危機

この時期に不登校の留年についての切羽詰まったご相談が増えてきます。登校しないご本人の頑固さに親御さんは手を焼いておられます。このぎりぎりの状況で、これまでの膨大な実績からその人に合ったアプローチで人生の問題解決に導いていきます。頑固さは磨けば輝く気質です。

  1. 高校生の留年の危機

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」